2021.06.26

 6月26日(土)都内にて、昨日開催された「Krush.126」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第1試合では目黒翔大が登場。佐野純平とKrushスーパー・フェザー級ワンマッチを戦い、終始攻め立て、3R目にストレートを叩き込んで見事なKO勝利を飾った。

 KO勝利は昨年1月「Krush.110」での鈴木一晴戦以来となる目黒だが、「佐野純平選手に、ああいう相手に3Rのキツいところで勝てたのは凄い良かったなと思っています」と満足げ。「今まで力んで一発に頼るということがあって、それで消耗することが多かったんですけど、昨日はリラックスして連打で巧く組み立てられたかなと思っています」と試合内容も自分の思っていた通りに進められたようだ。

 KOできたことに関しても、「リングを広く使えて、自分の持ち味であるフットワークであったり足を使ってできたことが一番の要因なんじゃないかなと思います」と分析した目黒。今後は「まだこんなこと言える立場ではないんですけど、自分も選手をやってるからにはチャンピオンになるのを目標にやっているんで」と、やはりベルト奪取を見据えている。

「そのためにどんどん強い選手とやって、しっかり勝って行きたいなと思っています」と目標に到達するために、さらに勝利を重ねていくことをファンに約束した。

目黒翔大
「たくさんの応援ありがとうございました。本当に佐野純平選手に、ああいう相手に3Rのキツいところで勝てたのは凄い良かったなと思っています。(改めて試合を振り返っての感想は?)今まで力んで一発に頼るということがあって、それで消耗することが多かったんですけど、昨日はリラックスして連打で巧く組み立てられたかなと思っています。

(今回の試合のために取り組んできたことは?)優弥代表とミットとか凄いたくさんやってきて、パンチのコンビネーションだったり、あとは対人練習だったりでそれを出せるかっていうのをとことん突き詰めてやってきました。(久々のKOだったと思うが倒せた要因は?)リングを広く使えて、自分の持ち味であるフットワークであったり足を使ってできたことが一番の要因なんじゃないかなと思います。

(今後の目標は?)まだこんなこと言える立場ではないんですけど、自分も選手をやってるからにはチャンピオンになるのを目標にやっているんで、そのためにどんどん強い選手とやって、しっかり勝って行きたいなと思っています。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)いつも本当にたくさんの応援ありがとうございます。自分が格闘技をできてるのは家族だったり、支えてくださっているスポンサーさんや、ジム関係者の皆さんのおかげだと思うので、これからもしっかりどんどん強くなって、また勝った姿をお見せできるよう頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」

 

選手登録