2021.06.19

 6月25日(金)東京・後楽園ホール「Krush.126」から本格始動するKrushフライ級(-51kg)。Krush最軽量となる階級の幕開けとなるのが今大会のプレリミナリーファイトで行われる大夢と麗斗の一戦だ。今回は特別にフライ級の第一歩を歩みだす大夢と麗斗にそれぞれ話を聞いた。今回はKrush初参戦の大夢のインタビューを公開!

――今回フライ級が新設されることになり、そのスタートとなる試合への出場が決まりました。大夢選手にとってはKrush初参戦ですが、試合が決まった時の心境は?

「やっとK-1 JAPAN GROUPにもフライ級が出来て、自分もK-1・Krushで試合が出来ると思って、うれしいと同時にびっくりしました」

――フライ級は今まで存在しなかった階級ですが、フライ級を作ってほしいという想いはあったのですか?

「そうですね。もしフライ級(51kg)がないなら、バンタム級(53kg)まで体重を増やしてやろうと思ってたんですけど、自分にとってはフライ級が一番いい階級です」

――フライ級の最初の試合に出るという部分についてはどうでしょう?

「プレリミナリーファイトですが初のフライ級の試合を任せてもらって、フライ級には強い選手がいると思いますが、僕はこの階級のトップに入る自信があるので、それを試合でアピールしたいです」

――もともと大夢選手が格闘技を始めたきっかけはなんですか?

「お母さんが僕に格闘技をやらせたかったらしく、小学3~4年生のときに空手と柔道を少しだけやりました。斗麗とは親同士が知り合いで、昔から仲が良かったんです。それで斗麗がキックボクシングを始めて、自分も一緒に練習をするようになって、気づいたらキックにハマってました。だから格闘技がずっと身近になる生活でした」

――格闘技にハマった理由はなんでしょう?

「試合で勝った時の喜びが他のスポーツとは全く違うし、幼馴染の斗麗は子供の頃から強かったんで、それに負けたくないというライバル心もありました」

――いつからプロを意識するようになったのですか?

「高校に入ってからですね。自分もプロになりたいとは思っていましたど、プロは厳しい世界やし、デビューする前は『俺はこの先どうしたらいいんや』と悩んだこともあります。そうこうしているうちにプロデビューの話をいただいて、そこで自分もプロでやっていこうと決心しました」

――ファイターとしての自分の持ち味はなんだと思いますか?

「フライ級ならではのスピードとテクニックはもちろん、僕の場合はフライ級とは思えないパワー、その両方を見せたいですね」

――幼馴染で同門の斗麗選手からはどんな刺激を受けていますか?

「正直なところ斗麗は強いし、一緒に練習していてもすごいなと思います。でも自分もこれから活躍して、WIZARDは斗麗だけじゃないってところを見せたいです」

――対戦相手の麗斗選手にはどんな印象を持っていますか?

「ハンデを持ってプロで活躍している選手で、リスペクトしています。でも試合は別なので、リスペクトを持ってしっかり勝ちたいと思います」

――これからフライ級をどんな階級にしたいですか?

「スピードはあるけど倒せる階級にしたいです」

――これからのKrushでの目標を聞かせてください。

「いずれはフライ級のベルトを巻きたいです。僕はジュニア時代もベルトを獲ったことがないので、プロでチャンピオンになって家族やジムのみんなに恩返ししたいです」

――ちなみに「大夢」という名前は本名ですか?

「よくリングネームに間違われるんですけど(笑)、本名です!『大きい夢を持ってほしい』というのが由来です。僕はめちゃくちゃ気に入っています!」

 

選手登録