2021.04.24

 4月24日(土)都内にて、昨日開催された「Krush.124」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第3試合ではKrush初参戦のBigbang王者・昇也がKrushライト級ワンマッチで迅也と対戦。1Rに迅也に右フックでダウンを奪われた昇也だったが、左ストレートですぐさまダウンを奪い返す。そして、最後は右フックを叩き込んで逆転のKO勝利を飾った。

 会見に出席した昇也は、「ちょっと冷静になって、そのまま攻めれたことですね」と逆転勝利の要因をコメント。「最初は結構やばかったんですけど、逆転でああいう勝ち方ができて良かったです」と安堵の表情を見せていた。

 昇也は小学校5年の時に空手を習い始めたが、中学卒業時に地元の石川県を訪れた士魂村上塾の村上竜司塾長から「お前をチャンピオンにするから東京来ないか?」とスカウトされて上京。同塾で練習に励み、キックボクシングでもBigbang王者になるなど実績を積んできた。

 そのため「士魂村上塾は気持ちの部分でめっちゃ鍛えてるんで、他の選手よりそれは負けないというところを見てほしいですね」と精神面での強さを強調していた。

 現在Krushのライト級王座はゴンナパー・ウィラサクレックが返上して空位。「さっきもトーナメントの話が出たんですけど、そこをやっぱ狙っていきたいですね」と、昇也も興味を見せる。さらに「やっぱK-1の本戦に出たいんで、一つ一つの試合をとりあえず勝っていこうと思っています」と、大きな舞台への飛躍も見据え、今後の試合に臨んでいくことを誓っていた。

昇也
「昨日、初参戦のKrushで、最初は結構やばかったんですけど、逆転でああいう勝ち方ができて良かったです。(初出場のKrushで戦ってみてどうだった?)迅也選手とは試合決まる前から何回か練習してて、決まった時は『マジか!』みたいな感じでしたね。(ダウンの応酬だったが打ち勝てた要因は?)あのまま最初ダウンをもらって、そのままちょっと冷静になって、そのまま攻めれたことですね。

(これまでの格闘技の経歴やバックボーンは?)小学5年生の時に空手を始めて、そっからずっと空手をやっていて、中学卒業の時に士魂村上塾の村上塾長から、自分は石川出身なんですけど、塾長が石川県に来られた時に『お前いいな』って言われて、『お前をチャンピオンにするから東京来ないか?』って言われて、スカウトしてもらったって感じですね。(中学卒業して上京?)そうです。

(これから自分のどういうところをアピールしたい?)士魂村上塾は気持ちの部分でめっちゃ鍛えてるんで、他の選手よりそれは負けないというところを見てほしいですね。(ライト級は王座が空位だが狙っていきたい?)さっきもトーナメントの話が出たんですけど、そこをやっぱ狙っていきたいですね。(その中で戦ってみたい選手は?)全員戦いたいですね。

(今後の目標は?)やっぱK-1の本戦に出たいんで、それまで一つ一つ別にこの人とかじゃなくて、一つ一つの試合をとりあえず勝っていこうと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日はABEMAで応援ありがとうございました。これからも熱い試合をドンドンしていくんで、注目してください。ありがとうございました」

 

選手登録