2021.04.24

 4月24日(土)都内にて、昨日開催された「Krush.124」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第2試合に登場した立基はKrushフェザー級ワンマッチで久保一馬と対戦。圧力をかけてくる久保を凌いで、3Rを戦い抜き2-0で判定勝利を飾った。Krushの本戦は初登場となった立基はこれで3連勝。デビュー戦こそ敗北を喫したものの、それ以降は無敗で連勝を重ねるなど、着実に実力をつけてきた。

 しかし「昨日は凄くいい大会だったんで、印象を残したいと思ってたんですけど、自分があまり印象を残せてないのかなというのはあるんで、次でしっかり取り返してやっていきたいなと思います」と反省を忘れない。

 昨日の試合に関しては、「技術で完封してKOするところまでいきたかった」とのことだが、「相手の久保選手が喧嘩売ってきているなと思ったんで、喧嘩に乗ったらああいう感じになっちゃって、それでもいい経験になったっていうか、喧嘩で勝ったなっていう感じですね」と競り勝てたことは大きな自信につながったようだ。

 極真空手を長く経験し、格闘代理戦争やK-1のアマチュア大会でも優勝するなど無敗で実績を重ねて、Krushの本戦という舞台に辿り着いた立基。現在K-1 JAPAN GROUPのフェザー級戦線は、新美貴士がKrush王者に君臨し、K-1でも新王者の椿原龍矢や前王者の江川優生がいるなど強豪がひしめく激戦区だ。

 立基も「若い選手も個性ある選手も強い選手もいて、そこに割って入りたいなという気持ちが凄いある。実力も話題性もある選手といずれはバチバチにやりたい」と、この激戦区へ殴り込みをかけたいという希望を持っている。

「まずKrushのタイトルを目指しているんですけど、K-1の本戦に出たいですね。大きな会場でやるのが格闘家の夢だと思うんで、ここでしっかり結果を残したいと思います」と、さらなる大舞台への飛躍を誓っていた。

立基
「まず関係者の方々、サポートしてくれた方々、応援してくれたファンの皆様、昨日はありがとうございました。昨日の試合は技術で完封してKOするところまでいきたかったんですけど、相手の久保選手が喧嘩売ってきているなと思ったんで、喧嘩に乗ったらああいう感じになっちゃって、それでもいい経験になったっていうか、喧嘩で勝ったなっていう感じですね。いい選手でした。

(Krushの本戦初出場だったが戦ってみてどうだったか?)昨日は凄くいい大会だったんで、印象を残したいと思ってたんですけど、自分があんまり印象を残せてないのかなというのはあるんで、次でしっかり取り返してやっていきたいなと思います。(これまでの格闘技の経歴やバックボーンは?)極真空手を16~17年やってきて、顔面なしだったんで、そっからキックをやろうと思って。格闘代理戦争に出て、そこからK-1アマチュアに出て、アマチュアは無敗だったんですけど、デビュー戦に負けちゃって、今に至るっていう感じですね。それで考え方を変えて、プロ2戦目からはまだ無敗で来ているんで、そういう感じです。

(これから自分のどういうところをアピールしたい?)技術的なところは試合を見てもらえば全部わかってしまうんで、特にはないんですけど、今はフェザーが凄くおもしろいことになっているんで、若い選手も個性ある選手も強い選手もいて、そこに割って入りたいなという気持ちが凄いあるんで、話題性のあるじゃないですけど、実力も話題性もある選手といずれはバチバチにやりたいなっていう。会見とか試合前から盛り上がる試合がしたいっていうのが一番大きいです。

(その中で戦いたい相手は?)昨日の試合は自分は反省点が多かったんで、今言っちゃうとあんま良くないかなと思うんで、まあいるんですけど、今は伏せておきます。(今後の目標は?)まずKrushのタイトルを目指しているんですけど、K-1の本戦に出たいですね。K-1の本戦に出て、しっかり。大きな会場でやるのが格闘家の夢だと思うんで、ここでしっかり結果を残したいと思います。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日はたくさんの応援ありがとうございました。まあ、これからドンドン強くなって、このまま負けないまま行くんで、僕っていう選手、立基っていう選手を覚えてもらえたら、応援してもらえたら嬉しいなと思います。あと、入場曲使いたいんで、次は入場曲を使えるような試合を組んでもらえたらなと思います。よろしくお願いします」

 

選手登録