2021.04.24

 4月24日(土)都内にて、昨日開催された「Krush.124」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第5試合でFUMIYAとKrushウェルター級ワンマッチを戦った幸輝は、これがKrush初参戦。本人曰く「後楽園は自分は2回目で、まだ全然なれてくなくて、緊張が凄かったですね」と語りながらも、1Rから積極的に攻め立て、カウンターの右ストレートでKO勝利を飾った。

「コーナーに追い詰められたりする場面もあったんですけど、中盤から蹴りを使って自分の距離にもっていけるようになって、自分の距離で戦えたのは良かったです」と勝因をコメントした幸輝。鹿児島県鹿児島市出身で、現在も鹿児島に在住し、九州を中心に活動をしている。小学1年生頃から習っていた伝統派空手をバックボーンに実績を積み、今回初めてK-1 JAPAN GROUPへの参戦を果たした。

 幸輝が戦ったウェルター級では松岡力が同じ大会で新チャンピオンとなったが、「ベルトは自分も巻きたいんですけど、やっぱりまずは名前のある、実績のある選手を倒して挑戦していきたいです」と、タイトル戦線浮上への意欲も持っている。地方で戦うハンデもあるが、「関東の選手を倒して、地方からでも通用できるってことをしっかり証明していきたいです」とプライドも持っている。

 また、7月17日にはK-1福岡大会も予定されている。地元・九州勢として、「九州であるんで出たい気持ちはあります。是非出てみたいです」と希望を述べた幸輝。「次の試合もKOで勝てるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」と、次回の試合に向けて意気込んでいた。

幸輝
「まず試合が終わってホッとしています。しっかりKOで勝てたんで良かったです。(Krush初出場だったが戦ってみてどうだったか?)すごくフィジカルが強い選手でパワーもあって、プレッシャーもありました。自分はKrush初めてだったんで緊張して、ちょっと体が固いところもあったんですけど、中盤から距離も取れて、自分のパンチも当たってKOできて良かったです。後楽園は2回目で、まだ全然なれてくなくて、緊張が凄かったですね。自分もずっとKrushとかK-1とかメジャー団体に出てみたかったんで、本当に出れたことも良かったですし、勝ったんで次の試合にしっかりつなげることできたんで良かったです。

(豪快なKO勝利だったが狙っていた?)試合するからにはKOは狙っているんですけど、やっぱり試合中悪い場面もあったり、相手に詰められて、コーナーに追い詰められたりする場面もあって。中盤からは蹴りを使って自分の距離にもっていけるようになって、自分の距離で戦えたのは良かったです。(これまでの格闘技の経歴やバックボーンは?)自分は小学校1年から12~13年、伝統派空手をやっていて、そこから一回格闘技から離れて、キックボクシングを始めたっていう感じですね。小学生時代なんですけど、県チャンピオンとかになりました。

(これから自分のどういうところをアピールしたい?)地方から関東のメジャー団体で実績のある選手を倒して、自分の名前を売っていきたいです。(昨日の大会で松岡選手がウェルター王者になったが狙っていきたい?)ベルトは自分も巻きたいんですけど、やっぱりまずは名前のある、実績のある選手を倒して挑戦していきたいです。(7月に地元九州の福岡でK-1があるが、それについては?)九州であるんで出たい気持ちはあります。是非出てみたいです。

(これからの目標は?)関東の選手を倒して、地方からでも通用できるってことをしっかり証明していきたいです。(東京での試合はどんな気持ちで臨んでいる?)しっかり勝つのが当たり前なんですけど、KrushはABEMAでも中継があるんでしっかり勝つという気持ちでやりました。(戦いたい相手は?)この人っていうのはないんですけど、とりあえず名前のある有名な選手とやって、自分の名前を売っていきたいですね。(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。次の試合もKOで勝てるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」

 

選手登録