2021.04.24

 4月24日(土)都内にて、昨日開催された「Krush.124」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第6試合で斉藤雄太とKrushスーパー・ライト級ワンマッチを戦った小嶋瑠久は、1Rから積極的に攻め立て、2Rに斉藤からパンチの連打でスタンディングダウンを奪うと、攻撃の手を緩めずにアッパーで見事なKO。PURGE TOKYO移籍&リングネーム改名初戦を勝利で飾った。

 試合中のバッティングで右目が腫れていた瑠久はサングラス着用で会見に出席。ジム移籍の成果が出たかと思われた瑠久だが「昨日の試合は練習してきたことが100%だとしたら20%しか出せてなくて、自分でもあんま納得できる試合ではなくて、空回りしちゃったというのはありましたね」と、内容には不満がある様子。

 スピードが上がったという見方もあるが、「今回スピードが自分的に改善点の一つで、もっと出せたかなっていう。練習でそこを凄く意識してやってきたし、もっともっとキレキレの攻撃を出せると思ってるので、そこも課題の一つですね。なので、もっともっと凄い自分を見せられます」と、さらに進化する自信も持っているようだ。

 次回の5.30「Krush.125」では佐々木大蔵vs平山迅のKrushスーパー・ライト級タイトルマッチもある。スーパー・ライト級で戦う瑠久も、「その試合は凄く楽しみですね」と興味津々。「どっちかが勝ったら、次の挑戦者は自分かなというのはある」と意欲を見せている。王者の佐々木はかつて瑠久が指導を受けていたこともあり「大蔵先生」と呼ぶ存在だが「自分的には凄い噛み合うんじゃないかって思ったんですよ。自分のいいところが凄く出る対戦相手だと思うんですよね。だから、凄くやりたいです」と興味を示していた。

 さらに瑠久が見据えているのは2019年の11.24K-1横浜大会で敗れた山崎秀晃へのリベンジだ。山崎は昨年K-1スーパー・ライト級王者となったが「やっぱり山崎選手が持っているK-1の65kgのベルトを獲ってチャンピオンになりたいというのがあるので、その試合までに着実に進化していきたいです」と山崎の持つK-1王座にも欲を見せる瑠久。「本当に今年来年には目の前に立ってやる。そうしないと山崎選手も多分長くないと思うんで、今年来年には目の前に立って、獲ってやろう、食ってやるという感じです」と、目標到達に向けて突っ走ることを宣言していた。

小嶋瑠久
「昨日は応援ありがとうございました。とりあえず久々の試合、移籍後初の試合をKOで勝って、ホッとしています。(試合映像を見ていたらその感想は?)昨日の試合は練習してきたことが100%だとしたら20%しか出せてなくて、自分でもあんまり納得できる試合ではなかったんですけど、空回りしちゃったというのはありましたね。(収穫になった点と改善点は?)収穫というよりも課題が凄い明確に見つかっているんで、その後の改善する練習もとりあえず明確になっているんで、次の試合までにやっていくだけですね。

(新しいチームでの手応えは?)緊張してました、凄い。移籍してPURGE TOKYOに入って期待してくれた人いたと思うんですけど、しっかり練習してきたことを実行できるかなという緊張感がありましたね。(次回のKrushでスーパー・ライト級のタイトルマッチがあるが、それについては?)その試合は凄く楽しみですね。でも、どっちかが勝ったら、次の挑戦者は自分かなというのはあるので、それに向けてもそうですし、とにかく次の試合、またレベルアップした自分を確実に見せたいので、皆さんに。自分の本当の目標はKrushのベルトをしっかり獲るのもそうですし、やっぱり山崎(秀晃)選手が持っているK-1の65kgのベルトを獲ってチャンピオンになりたいというのがあるので、その試合までに着実に進化していきたいです。

(Krush王者の佐々木選手は元先生だが、戦ってみたい?)戦いたいですね。自分、大蔵先生って呼んでいるんですけど、自分的には凄い噛み合うんじゃないかって思ったんですよ。自分のいいところが凄く出る対戦相手だと思うんですよね。だから、凄くやりたいです。(試合を見ててスピードや回転力が上がったなという感じはあったが、これから自分の中で特により強化していきたい箇所はある?)今回スピードが自分的に改善点の一つで、もっと出せたかなっていう。練習でそこを凄く意識してやってきたし、スピードをもっともっとキレキレの攻撃を出せると思ってるので、そこも課題の一つですね。なので、もっともっと凄い自分を見せられます。

(山崎選手に勝つために足りないものがあるとしたら?)ディフェンス面がまだまだ甘いんで、もらわなくていい攻撃をもらっちゃったりとか、今回の試合もそうですけど、相手のトリッキーで、なかなか普通の選手が打つタイミングじゃないタイミングで打つとか、そういう選手を相手にしてももらわないで、完璧に仕留められるようなスタイルを作れたら、それを目指していますね。(理想的にはもらわずに自分が一方的に当てる?)そうですね。でも、逆にちょっと空回りしちゃいましたね。やりにくかったです。まあ、対策はしてたので、イメージは凄いできてたので、それ通りだったので、イメージ通り過ぎて空回りしちゃいましたね。

(K-1のタイトルまではどれぐらいまでに近づきたい?)本当に今年来年には目の前に立ってやる。そうしないと山崎選手の現役生活も多分長くないと思うんで、今年来年には目の前に立って、獲ってやろう、食ってやるという感じです。(ファンの皆さんへのメッセージは?)もっともっと強い自分を見せていくので、今回久々の試合でKOで勝ってホッとしていますけど、そこで満足してないんで、もっと強いんで、それをドンドン次の試合でみんなに見せていけてたらと思っています。これからも応援よろしくお願いします」

 

選手登録