2021.03.29

 3月28日(日)都内にて、「Krush.123」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第4試合でSATORU成合とKrushスーパー・フェザー級ワンマッチを戦った西元也史は、1Rに先にダウンを奪うも、すぐさま奪い返される。しかし、2Rにもう一度ダウンを奪うと、最後はパンチを連続で叩き込んで、見事にKO勝利を飾った。

 K-1 JAPAN GROUPのリングでは3連敗を喫していた西元だったが、それもストップ。しかも、今回も含めてここまで上げた10勝全てがKO勝利と判定負け知らずの結果を収めた。だが、「あの時はホッとして、嬉しい気持ちは確かに大きかったんですけど、控室に戻ってすぐに振り返ると、ギリギリなところもあったし、自分の悪い部分も出ちゃったんで、反省点はめっちゃ多いっす」と反省の弁を述べた西元。

 1Rに成合にダウンを奪い返されて焦った部分もあったというが、セコンドの「今から試合を始める気分で行け!」という言葉を信じたことで、「自信を持っていつも通り獲り返せました」と挽回することに成功した。

 目指すはもちろんチャンピオンの座。スーパー・フェザー級はK-1もKrushも激戦区だが、「それしか見てないんで、そこまでの段階を踏んでいくだけですね。もう下は見てないんで、上しか見てないっす」と実績を重ねて、タイトル戦線への浮上を狙う。「今年は無双しようかなと思っています。去年は全敗やったんで」と、目指す目標に向けて、鼻息荒く意気込んでいた。

「KRESTの西元也史です。昨日の試合は結果を見れば2RKOという形で、正直、あの時はホッとして、嬉しい気持ちは確かに大きかったんですけど、控室に戻ってすぐに振り返ると、ギリギリなところもあったし、自分の悪い部分も出ちゃったんで、反省点はめっちゃ多いっす。

(KO勝利で一夜明けての心境は?)K-1 JAPAN GROUPに来て、勝つのが本当に久々で。まあ、コロナがあって試合数が少なかったというのもあるんですけど、やっぱ勝った次の日の朝は最高っすね。(特にKOだと?)まあ、KOはもちろんなんですけど、KOしか知らないんで、勝った時は。でも、とにかく何がなんでも判定でも勝つつもりで。KO一発狙いだと、絶対良くない試合になるんでこれから少しずつ成長していければなと思っています。

(反省点が多いということだが、その中でKOできた要因は?)やっぱり、自分自身変われた部分も大きいんですけど、セコンドの言葉を信じて。正直、ダウン獲り返された時も焦った部分はあったんですけど、インターバル中にセコンドの秀さんとか代表の雅和さんとか大輔さんとかが、『こっからや!』って言ってくれて、ダウンを獲って獲られてなんで、『今から試合を始める気分で行け! 大丈夫や大丈夫や』って言ってくれてたんで、自信を持っていつも通り獲り返せました。

(今後の目標は?)目標はもちろん一番上なんで。それしか見てないんで、そこまでの段階を踏んでいくだけですね。もう下は見てないんで、上しか見てないっす。(ベルトに関しては?)どうなんですかね? スーパー・フェザーは結構層が厚いんで。こういう形で勝ちましたけど、いっぱい選手がいるんで、近道できるなら全然強い選手ともやるんですけど。というか、今年は無双しようかなと思っています。去年は全敗やったんで。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日は応援する皆さんのおかげでこうして勝つことができました。まだまだヒヤヒヤさせることも多いんですけど、しっかりと自分のスタイルとか確立させて、いいところは伸ばして、悪いところは直して、これからも西元也史をよろしくお願いします」

 

選手登録