2021.03.08

 3月27日(土)東京・後楽園ホール「Krush.123」の[Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で山本直樹と対戦する大岩龍矢のインタビューを公開!

――昨年11月K-1福岡大会の朝久裕貴戦では判定負けという結果でした。あの試合の反省点はどこでしたか?

「練習ではすごく調子が良かったんですけど、試合までのコンディションの持って行き方が前回より良くなかったというのはありました」

――コンディショニングの部分で上手くいかなかった、と。

「そうですね…。ただ純粋に朝久選手が自分より強かったことも間違いないと思います」

――そうしたことを踏まえ、今はどこに重点を置いて練習していますか?

「本当に思うことがたくさんあったので、気持ちの部分でもそうですけど、色々なことを考えて練習しています」

――対戦相手の山本選手にはどんな印象を持っていますか?

「泥臭い選手で、自分に似てるのかなと思います。粘り強くて気持ちの強い選手なので、男くさい試合になると思っていて、最高の試合になるんじゃないですかね。ただ僕も山本選手も年齢が年齢だし、本当に生きるか死ぬか。斬られたら終わり、勝てば次に進める。そんな試合だと思います」

――“ここで負けたら先はない”という危機感がありますか?

「かなりあります。正直言えばもう毎日怖いです。怖いですけど、そういう危機感があるからこそ、1日1日の練習内容が今はすごく濃いです」

――どんな試合をして勝ちたいと思っていますか?

「最近なかなかKOを見せられていないので、理想はKOで会場を沸かせる勝利です。ただ山本選手も気持ちの強い選手で、あっちも僕と同じような気持ちでくると思うので、すごく熱い試合になると思っています」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「まず今回この試合でしっかり勝って、みんなに恩返ししたいという気持ちが一番強いです。あと自分は今ずっと勝てずにいるんですけど、みんなに“諦めなければ夢は叶う”ということを見せたいです。1からのスタートになりますが、しっかり勝ち続けて必ずベルトを巻いて、自分の言葉を証明するので応援よろしくお願いします」

 

選手登録