2021.02.28

 2月28日(日)都内にて、昨日開催された「Krush.122」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会ではセミファイナルに登場し、K-1甲子園2020王者である野田蒼とKrushスーパー・バンタム級ワンマッチを戦った晃貴は、序盤押されながらも本人曰く「気持ちで」立て直し、1Rに右フックでダウンを奪うと、2Rにも右フックを叩き込んで見事なKO勝利を飾った。

 昨年の11.3K-1福岡大会で壬生狼一輝に敗れるなど、ここ数戦は戦績も振るわなかったが、会心のKO勝利に「この勝利は皆さんと一緒に戦ってた勝てた勝利だと思うので本当に感謝しています」と、会見中もしきりにファンや支えてくれたジムの仲間たちに感謝の言葉を述べていた。

 武尊からも「晃貴は身体能力がずば抜けて高いんだから、もっと自信持って行ったら? こんなもんじゃないから。まだまだ全然、晃貴の実力出せてないよ」と、試合後に叱咤激励を受けたという。しかし、今回の試合でいい勝ち方をしたことでホッと一息。気持ちも新たに、「この勝ちのいい波に乗って、K-1のトップの人たちと戦って、外国人と戦って一回も勝ててないんで、外国人選手と戦って勝ちたいですね。海外でも試合がしたいです」と、次なる目標へと踏み出す。

 2年前にはKrushバンタム級のベルトも巻いていた晃貴。「これからもドンドン勝って、トップになっていくんで応援よろしくお願いします」と、再びタイトル戦線への浮上を狙う。

「最近いい結果が出ない中、昨日はああいう形で勝ててホッとしています。あと、こんな時期に会場に来ていただいて、応援していただいた皆様、本当にありがとうございました。また、忙しい中来ていただいた武尊くん、(山本)舞香、(渡辺)雅和さん、(上松)大輔さん、本当にありがとうございます。この勝利は皆さんと一緒に戦ってた勝てた勝利だと思うので本当に感謝しています。

(序盤はやりにくそうだったが、どう修正した?)スピードがあるなと試合前に思っていたんですけど、思っていた以上にスピードがあって、パワーも結構あったんでやりにくいなと思って、ちょっと押されましましたね。気持ちで前に行って、立て直すことができたかなと思います。(倒せるという予感はあった?)狙ってたのが入って、ちょっとフラッとなったのがわかったんで、そこで詰めました。それでいいのが入って、倒れてくれたんで良かったです。

(武尊選手からは何か言葉をかけられた?)試合終わった後、『晃貴は身体能力がずば抜けて高いんだから、もっと自信持って行ったら? こんなもんじゃないから。まだまだ全然、晃貴の実力出せてないよ。もっともっといいパーフォマンスできるから、これからもっと自信持って行け』って言われました。

(ここからの目標は?)この勝ちのいい波に乗って、もっともっとトップの人たちと、K-1のトップの人たちと戦って、外国人と戦って一回も勝ててないんで、外国人選手と戦って勝ちたいですね。海外でも試合がしたいです。ぜひお願いします。(ファンの皆さんへのメッセージは?)さっきも言ったんですけど、今回は皆さんと一緒に戦って勝てた試合だと思っているので、本当に応援ありがとうございました。これからもドンドン勝って、トップになっていくんで応援よろしくお願いします」

 

選手登録