2021.02.26

 2月26日(金)にて、開催を明日に控える「Krush.122」後楽園ホール大会の前日記者会見が行われた。

 会見にはメインイベントでKrushフェザー級王座をかけて対戦する王者の新美貴士と挑戦者の斗麗が出席。中村拓己K-1プロデューサー立ち会いのもと、調印式を行なってから、試合に向けて意気込みを述べた。

 挑戦者となった斗麗は、王者の新美が制した第5代Krushフェザー級王座決定トーナメントにも本来ならば出場予定だった。しかし、右手首の病気が発覚して欠場。復帰戦となった12.19「Krush.120」での稲津航大戦をKO勝利で飾り、満を持して挑戦権を掴んだ。弱冠18歳ながらベルト奪取に王手をかけた斗麗は、「新美選手に失礼のないように最高の準備をしてきたんで、明日は今持っている僕の全てをぶつけて、新美選手を引きずり下ろします」と、決戦に向けて闘志を燃やす。

 その一方で「いつも通りにやったら勝てると思うんで、ここまで来たらあとはやるだけ。明日は感謝と尊敬の気持ちを持ってぶっ潰しに行きます」と、タイトルマッチだからと言って、特別に気負っている様子もない。新美とは過去に対戦して勝利しているが、「僕が勝ったのは昔なんで、今は全然違うんで、初めてやるみたいな気持ちで僕はやりたいと思います」と、油断することなく気を引き締めているようだった。

 この試合はKrushのタイトルマッチだが、3.21「K'FESTA.4 Day.1」東京ガーデンシアター大会では、江川優生vs椿原龍矢のK-1フェザー級タイトルマッチも行われる。同階級のK-1のタイトルマッチということもあり、「勝ったほうがK-1のチャンピオンになるんで、そのどっちかには興味はありますね」と興味津々の斗麗。目指す先に向かうためにも「みんなが求めているものもわかっているし、このベルトをしっかり獲って、この席に戻ってきたいと思います」と、無敗のままKrush王座の奪取を誓った。

 その斗麗の挑戦を受ける新美だが、会見に同席したKrush Evangelistの石川直生さんから「前進するプレッシャーが格段に上がった新しいスタイル」と評された戦い方で、トーナメントの優勝候補とも言われた玖村修平にも勝利し、王者になった。「毎日厳しい練習をやり抜いて、試合に向けて最高の準備ができたんじゃないかなと思います」と、タイトルマッチに向けて準備万端をアピールした新美。

 過去に敗れた斗麗の挑戦を受けることになったが、「まあ対戦するだろうなと思っていたので、リベンジの機会がやっとできて、凄い楽しみです」と、シチュエーションを変えてのリマッチに舌舐めずりをしていた。「僕は防衛する立場ですけど、逆に強い選手に挑んでいくみたいな感覚もあるので、そんなにプレッシャーみたいなのはないです」と、初防衛戦だからと特別に肩に力が入っているわけでもない。「手数は今まで通りああいう手数ですけど、パワーが前回より増えたのかなって思っています」と、パワーアップにも成功し、新しいファイトスタイルへの自信も深めている。

 Krush王者ということで、同階級のK-1王座も視野に入る位置にいるが、斗麗同様「僕も勝ったほうと試合したいなというのはあります」と興味を示しつつも、「まずはここをしっかり勝たないと話にならないので、まずはこの試合にしっかり集中します」と、今は難敵との防衛戦に集中するようだ。石川さんより、「いつもKrushのタイトルマッチはワクワクするんですが、今回も格別な期待とワクワクを持たせてもらっています。斗麗選手の進化、新美選手の進化、どっちが優っているのか? どっちが勝ってもドラマチック」と期待を寄せられたこの一戦。進化の証明をするのは果たしてどっちだ!?

斗麗
「今回、新美選手に失礼のないように最高の準備をしてきたんで、明日は今持っている僕の全てをぶつけて、新美選手を引きずり下ろします。押忍!(計量で向き合ってのお互いの印象は?)いつもと変わらないです。(このタイトルマッチに向けて、特別に準備してきたことは?)いつも通り、タイトルマッチやからとか関係なくて、普通にやってきました。いつも通りやったら勝てると思うんで、ここまで来たらあとはやるだけ。明日は感謝と尊敬の気持ちを持ってぶっ潰しに行きます。

(過去に対戦経験があるが、タイトルマッチという形で再戦が実現したことについて)僕が勝ったのは昔なんで、今は全然違うんで、もう一回、初めてやるみたいな気持ちで僕はやりたいと思います。(どの部分に磨きをかけてきた?)相手によってスタイルや戦い方を変えていて、この間とは全然違う戦い方なんで、そこを注目していただいたら面白い試合になるかなと思っています。(Krushのタイトルマッチ、メインイベントにどういう試合が相応しいと思う?)新美選手と僕やったら、普通にめっちゃ盛り上がると思うんで、明日試合を見たらわかると思います。

(これから何を食べてスタミナを回復する?)じゃがりこです。僕、めっちゃじゃがりこ好きなんで(笑)。(試合前に勝利の願掛けやルーティンとかで何かすることはある?)あんまりないですよね。いつも通り、ご飯食べて寝てしたら勝ちます。(新美が神社にお参りに行ったことを聞いて)それは僕も行ってます。(『K'FESTA.4 Day.1』で同じフェザー級のタイトルマッチもあるが、意識はしている?)チャンピオンが江川選手ですけど、椿原選手も強いですし、勝ったほうがK-1のチャンピオンになるんで、そのどっちかには興味はありますね。(ファンの皆さんへのメッセージは?)僕はここまでしっかり仕上げ来てたんで、みんなが求めているものもわかっているし、このベルトをしっかり獲って、一夜明け会見でこの席に戻ってきたいと思います。楽しみにしていてください。押忍!」

新美貴士
「明日は何がなんでも勝ちに行って、最高の試合をしたいと思うので、応援よろしくお願いします。(計量で向き合ってのお互いの印象は?)斗麗選手、普通に調子良さそうだなと思いました。(このタイトルマッチに向けて、特別に準備してきたことは?)僕もいつも通りなんですけど、毎日厳しい練習をやり抜いて、試合に向けて最高の準備ができたんじゃないかなと思います。(過去に対戦経験があるが、タイトルマッチという形で再戦が実現したことについて)ベルトを獲って、また対戦するだろうなと思っていたので、リベンジの機会がやっとできて、凄い楽しみです。

(初防衛戦ならではの緊張感は?)防衛戦っていうプレッシャーはあまりなくて、それより僕は防衛する立場ですけど、逆に強い選手に挑んでいくみたいな感覚もあるので、そこはそんなにプレッシャーはないです。(スタイルに磨きをかけたということだが、手数やスピードは自分の中で何倍増しぐらいになった?)手数は今まで通りああいう手数ですけど、パワーが前回より増えたのかなって思っています。(Krushのタイトルマッチ、メインイベントにどういう試合が相応しいと思う?)やっぱりメインイベントなんで、KOが一番いいと思うんですけど、高い技術戦になるんじゃないかなって、そういう試合になると思います。

(これから何を食べてスタミナを回復する?)僕はサムゲタンを食べたいなと思っています。(試合前に勝利の願掛けやルーティンとかで何かすることはある?)あまりそういうのはないですけど、今回は初めて神社にお参りに行ってきました。(『K'FESTA.4 Day.1』で同じフェザー級のタイトルマッチもあるが、意識はしている?)僕も勝ったほうと試合したいなというのはありますけど、まずはここをしっかり勝たないと話にならないので、まずはこの試合にしっかり集中します。(ファンの皆さんへのメッセージは?)明日は僕が絶対に勝つので、応援よろしくお願いします」

 

選手登録