2021.02.25

Krush Evangelistの石川直生が1月23日(土)後楽園ホールにて開催される「Krush.121」の見どころを紹介!(※Krush Evangelist=クラッシュ・エヴァンジェリスト……Krushの魅力と価値を幅広く伝える伝道師)

「新美選手は第5代王座決定トーナメントで完全に新しいファイトスタイルを見せてくれて、見事にトーナメントを優勝してチャンピオンになりました。リズムとスピードのテンポが格段に上がって、ノンストップの攻撃の圧力・しつこさも圧倒的かつ格段に上がったと思います。

 新美選手が顎をしっかり引いて、強い圧力とともに攻撃を続けながら前進することで、対戦相手は攻撃力を吸収されてしまう。そしてこのスタイルに付き合うと、相手はどんどんどんどんスタミナを削られて失速させられてしまうんです。新美選手はベルトを巻いたことでこのスタイルへの確信がおそらく固まったと思います。そしてそれが斗麗選手にも通用すればベルト防衛とともに、リベンジにも成功して絶対王者になっていくんじゃないかと思います。
 もちろんそれを簡単にさせてくれないのが斗麗選手です。斗麗選手のスタイルは型がないんです。型がないからこそ対策を立てるのが非常に難しい。斗麗選手は攻撃はもちろんですしディフェンスもすごく上手なので、穴のないパーフェクトな選手です。新美選手の新しいスタイルにもしっかり対策を立ててくるだろうし、世界一を目指す斗麗選手は新美選手のその上を行ってくれるかもしれません。
 2人は約1年半前、K-1のプレミナリーファイトで戦っていて、それがKrushのタイトルマッチで再戦というドラマチックな組み合わせです。前回は斗麗選手が勝ったんですけど、お互いのスタイルを攻略し切れず手を焼く試合になりました。今回はレベルアップしたお互いをどちらが攻略できるか。中に何が入ってるか分からない、宝箱を開けるような、それぐらい楽しみなタイトルマッチです」

 

選手登録