2021.02.13

 2月13日(土)東京・GENスポーツパレスにて「Krush-EX 2021 vol.1」が開催された。

「Krush-EX」(クラッシュ・イーエックス)はキャリアが浅い・若い選手たちが経験を積む場として、2010年~2014年まで新宿FACEで開催されてきたイベント。若き日の武尊、木村"フィリップ"ミノル、卜部弘嵩、卜部功也、安保瑠輝也、林健太、山崎秀晃など、現在K-1の第一戦で活躍する錚々たる選手たちも戦ったことのあるリングだ。

 昨年、その「Krush-EX」が約6年ぶりに復活し、3大会を実施。2021年は今回が最初の大会となった。

 今大会も更なるチャンスを目指すファイターたちによる激闘が続出。第5試合で光佑が篠原広耀を3ノックダウンでKOすると、第6試合のしのvs愛瑠斗の10代対決は愛瑠斗がカーフキック(膝から下を蹴るローキック)でKO勝利。第7試合の-72kg契約の一戦ではブハリ亜輝留が夜叉猿を豪快にパンチでなぎ倒してインパクトを残す。

 セミファイナル(第8試合)ではK-1甲子園2019 -55kg王者の山脇飛翼が多彩な蹴り技で祐嘉をマットに沈め、メインイベント(第9試合)の梨緒弥vs河北光生は先制ダウンを奪われた河北が2Rに逆転KOするという劇的な幕切れとなった。

 なお今大会の試合映像は14日(日)18:00~K-1公式YouTubeチャンネルにて配信予定。

☆全試合結果・写真・レポート
https://bit.ly/2N6qdiV

 

選手登録