2021.02.02

 2月2日(火)都内にて記者会見が行われ、3月27日(土)後楽園ホール「Krush.123」の第一弾対戦カードが発表された。

 Krushライト級で大沢文也と川﨑真一朗の初対戦が決まった。大沢は昨年7月Krushの蓮實光戦でKO負けを喫し、続く12月の瓦田脩二戦では判定負けを喫し二連敗中。対する川﨑は2019年8月の篠原悠人戦で判定負けし、昨年1月の東本央貴戦でKO負けを喫し、こちらも二連敗。東本戦で足を負傷したことで長期欠場を強いられ、今回が1年2カ月ぶりの復帰戦となる。

 Krushライト級王者のゴンナパー・ウィラサクレックが昨年12月のK-1両国大会で林健太を下してK-1ライト級王座を獲得。激動のライト級戦線で復活の勝利をあげるのはどちらだ?

川﨑真一朗
「K-1 JAPAN GROUPでは最初に連敗して、連勝して、また連敗して……今すごく危機感を感じています。そんな中で大沢選手という大きな壁と戦うことになり、凄く緊張しています。必ず大沢選手を倒して次に進みます。

(このオファーが来た時の心境は?)もうじき当たると思っていたので運命かなと。(対戦相手としての印象は?)攻撃においても、ディフェンスにおいてもテクニックがある選手かなと思います。

(ケガの状況は?)もう完治したので問題ありません。手術してフィジカルトレ―ニングもできるし、怪我をしている間も片足を椅子に置いてサンドバックを殴って、ずっと練習してきました。(激戦区のライト級でどういう試合を見せたいか)やはりKOでしょ。格闘技はKOしてなんぼだと思うので。一般の人が見ていてわかりやすいのはKOなので、そこを狙っていきます。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)1年2カ月、大変お待たせしました。ずっと練習だけしてきました。1日も気を抜いて練習したことはありません。毎日毎日全力で練習してきたので、その成果を3月にぶつけます」

大沢文也
「(川﨑が)危機感を持っていて僕のことを大きな壁と言っていましたが、間違いなく僕の方が危機感はあると思います。格闘家も格闘技ファンも、誰しもが分かるぐらい僕は弱くて、格闘技をやる価値がないと思っちゃうぐらい僕の評価は低いと思います。それだけ危機感を感じているので、今回も負けられない。いつもと違う気持ちでいます。

(このオファーが来た時の心境は?)僕は誰が相手でも二つ返事でやりますと言います。でも今回川﨑選手が相手だと聞いた時は『え~!』と。僕は連敗中だし、僕は弱いので、もっと弱い選手とやれないのかなと思っていました(苦笑)。

(対戦相手の印象は?)ジャブ、ストレートと真っ直ぐの攻撃が上手いという感じです。(前戦で後輩の瓦田に敗れたことについて)僕、勝ってたでしょ? 本戦では負けていたけど延長では勝ったと思ったので、何とも思っていません。こんなことを言うとアンチが叩くだけですが、何とも(思わない)。脩二にやられた身体の傷はないですけど、心の傷はとてつもなく大きかったです。

(いつも対戦相手の格闘技IQを分析しているが、川﨑はどのぐらい?)格闘技IQが高いから試合に勝つわけではないんです。簡単にいえば、強いやつが勝つのではなく、勝ったやつが強い。格闘技IQは間違いなく自分がトップだと思います。ただそれで結果を出せないのは、格闘技IQだけでは試合に勝てないということだと思っています。

(激戦区のライト級でどういう試合を見せたいか)やはり判定でしょ。僕はKOを狙わないというか、倒せる力はないので勝てれば何でもいいですね。どんだけつまらない試合でもどんだけアンチが騒ごうが何を言われようが全く気にしていない。結果に内容が付いてくると思っているので何でもいいです。(ファンの皆さんへのメッセージは?)崖っぷちだと思います。僕が勝っていた時は周りの人が喜んでいましたが、負けると分かりやすいようにいなくなりました。ここで勝てば離れていった人もまた付いてくると思うので頑張ります」

 

選手登録