2020.12.22

 12月22日(火)都内にて、2月27日(土)に後楽園ホールで開催される「Krush.122」の第一弾対戦カード発表会見が行われた。

 晃貴vs野田蒼のKrushスーパー・バンタム級戦が決定した。晃貴は第4代Krushバンタム級王座を獲得後、現在はスーパー・バンタム級に階級アップ。11月のK-1福岡大会では壬生狼一輝に判定で敗れ、今回が再起をかけた一戦となる。会見で晃貴は「自分は最近いい結果を残せていないのでしっかり倒せるように気合いが入っています」と気合いをみなぎらせる。

 対する野田はK-1甲子園2020‐55kgで優勝に輝き、プロでも5戦3勝1敗1分の戦績を持つ17歳(試合時は18歳)。キャリア6戦目で元王者との対戦となったが「今の自分なら1R1分ぐらいで倒せるかなと。楽に試合をしてすぐに上に上がったろと思います」と晃貴を通過点にしかすぎないと言い切った。

晃貴
「自分は最近いい結果を残せていないのでしっかり倒せるように気合いが入っています。(対戦相手の印象は?)野田選手はいい結果を残していて強い選手ですが、自分がしっかり勝って強いことを証明します。(野田の1R1分KO発言を受けて)倒されないようにしっかり練習をして、自分が倒します。(前戦で結果を残せなかったことについて反省点は?)詰めるところをしっかり詰めらなかったので色々と反省点はありますが、今はそこを修正しているので次の試合は必ず勝ちます。(2021年の抱負を)今年はいい試合ができていないですし、練習してきたことも出せてなかったので、来年はしっかり練習してきたことを出していい結果を残します。(ファンの皆さんへのメッセージ)KOで勝ちます」

野田蒼
「今回の試合が決まって、相手の名前を聞いてビックリしました。元チャンピオンを相手に1Rから倒せたらいいなと思います。(対戦相手の印象は?)僕がデビューする前からタイトルマッチをしている選手で、僕がK-1デビューする前もチャンピオンとして防衛戦をしているのを見ていて、デビューする時からいつか倒したろと思っていました。今の自分なら1R1分ぐらいで倒せるかなと。楽に試合をしてすぐに上に上がったろと思います。(晃貴の前戦の試合を見ての印象は?)昔から見ていましたが、色んなことができるというよりはずっとワンパターン。でもワンパターンを貫き通してチャンピオンになっているので攻略はしやすいのかなと。前回はどっちが勝ってもおかしくない試合でした。その試合は20回ぐらい見ましたが、普通に強かったです。

(2021年の抱負を)晃貴選手は今年は負けが多かったのですが、ほとんどが接戦でした。気持ちを折れず前に出ていて面白い試合ばかりだったので、打たれ強く気持ちの強い晃貴選手を倒してもっと格上の選手を食っていこうと思います。(自分のどういうところを見てほしい?)今まで僕はK-1の舞台で勝っていなくて、前回は勝ちに徹した試合で面白くない試合をしていました。今回は元王者が相手なので、今まで通り練習通り楽しんで1Rからぶっ飛ばしていきたいと思います。(ファンの皆さんへのメッセージ)いつも応援ありがとうございます。元王者を倒して『次、野田はベルトでいいんちゃうか?』と思えるいい勝ち方をするので僕に付いてきて下さい」

 

選手登録