2020.12.13

 12月13日(日)東京・両国国技館にて「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1冬の大一番~」が開催され、第7試合終了後にK-1からの卒業を発表していた武居由樹が登場。保持していたK-1スーパー・バンタム級王座を返上すると共に、ボクシングへの転向を発表した。

 武居はKrushバンタム級王座、K-1スーパー・バンタム級王座を獲得し、昨年はK-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメントでも優勝。K-1 JAPAN GROUPのリングでは20連勝を記録し、圧倒的な強さで武尊と共にK-1の顔を務めてきた。

 リングに立った武居が「1年ほど前から怪我があり、そしてコロナのこともあって、自分と向き合う中で新しい目標ができました。それはボクシングで世界チャンピオンになることで、これからは大橋ジムの所属として、トレーナーの八重樫東さんのもとで練習していきます」とファンに報告。

「K-1代表として、ボクシングでも結果を残します。僕がボクシングで試合をするとき、みなさんにも応援に来てくれたらうれしいです。今日までK-1ファイター、武居由樹の応援をありがとうございました。これからは新たな道に挑戦して、ボクシングでも世界を獲れるくらいの結果を残したいと思っているので、ボクシングでもどうか応援をよろしくお願いいたします。ありがとうございました!K-1最高!!」と感謝の言葉を述べた。

 また挨拶のあとには武尊が花束をもって登場し「武居選手とはエキシビションマッチで対戦して、お互い戦いたかったという想いもあったと思います。武居くんがスーパー・バンタム級でチャンピオンになって、僕が出ていない大会でも盛り上げてくれて、すごく心強かったです。ボクシングにいってもK-1ファイターの強さを見せてほしいです。一緒に格闘技を盛り上げましょう!」と、武居の卒業を惜しみつつエールを送った。

 武居はバックステージで囲み取材を行い「蹴りを出せない怪我をしてしまって、ボクシングの転向を考えました。武尊選手の引退試合の相手に選ばれたいって前から言ってたんですけど…本当にそれがやりたかったことです。あとは2階級制覇もやりたかったと言えばやりたかったので、いつかどこかのリングで出来るといいなと思います」と語った。

 

選手登録