2020.12.11

 12月19日(土)東京・後楽園ホール「Krush.120」の[第6代Krushバンタム級王座決定トーナメント・準決勝]で黒田斗真と対戦する吉岡ビギンのインタビューを公開!

――トーナメント一回戦の池田幸司戦は思わぬ苦戦を強いられました。あの試合を振り返っていただけますか?

「池田選手は身長が大きくて、リーチを活かした戦い方が上手い。しかもヒザ蹴りが得意なんで、自分としては戦いづらかったですね。実際にやるまでは、正直あっさりいけると思ったんですけど、向かい合ってみるとかなり戦いづらくて…。思うように動けなかったです(苦笑)」

――そういった試合を勝つことが出来て、どんな収穫がありましたか?

「自分より背が高い選手は多いし、そういう選手はリーチを活かした戦い方をすると思うので、そういう相手でもどれだけ自分の持ち味であるパワーやスピードで飛び込んでいけるか。それが課題だと思うので、そこを徹底的に強化しようと思いました」

――準決勝で対戦する黒田斗真選手とは小学生の時に対戦しているそうですね。

「はい。僕がアマチュアの時に初めてベルトを獲った時の相手が黒田選手なんですよ。その相手とまさかプロで再戦するとは思いもしなかったです」

――改めて黒田選手とはどんな試合になると思いますか?

「自分的にはすごく楽しみです。前回の対戦はお互い子供やったし、2人とも大人になってプロになってどれだけ変わっているか。会場にいる皆さんにも楽しんでもらえるような試合にしたいですね。僕と黒田選手は噛み合うと思うし、自然にそうなると思います」

――吉岡選手はKrushのチャンピオンになることにどんな想いがありますか?

「もう確実にベルトを獲りたいですね。僕は中学生の頃からKrushを見ていて、この舞台に立ったからには絶対にベルトを獲りたい、意地でも獲りたいです」

――プロでやる以上はトップを目指す、チャンピオンになるというのが吉岡選手の考えですか?

「やるからには徹底的にやって、どうやったらベルトを獲れるのかを毎日研究して必死に練習する。生半可な覚悟と練習ではチャンピオンにはなれないと思います。特にKrushのベルトは死に物狂いじゃないと獲れないベルトだと思っています」

――初代王者の武居由樹選手を筆頭にバンタム級でも強豪選手たちがベルトを巻いてきました。それを超えるチャンピオンになりたいですか?

「武居選手が初代バンタム級のベルトを獲った時に試合を見ていて化け物と思っていたので、それを超えるチャンピオンになりたいですね」

 

選手登録