2020.10.29

 10月29日(木)都内にて、12月19日(土)に後楽園ホールで開催される、「Krush.120」の第2弾対戦カード発表会見が行なわれた。

 Krushスーパー・フェザー級のワンマッチとして組まれた伊藤健人vs三輪裕樹だが、年齢は伊藤が27歳で三輪は28歳、戦績も伊藤が21戦で三輪は22戦と、年齢もキャリアも近い選手同士の試合となった。

 K-1ジム蒲田チームアスラに移籍した伊藤は、その移籍初戦となった10.17「Krush.118」で安達元貴に勝利。その試合後に年内にもう一度試合をしたいとアピールしていたが、その希望が通っての参戦だ。自身の課題として、「前回KOで勝つことができなかった」ことをあげた伊藤は、すぐに練習を開始して、課題克服に取り組んでいるという。「本当にKOで勝たないと来年につながらない。死んでも倒して勝ちたいと思います」と、悲壮な覚悟で試合に挑む。

 対する三輪は、7.21「Krush.115」で斎藤祐斗に判定負けして以来、約5カ月ぶりの試合となる。Krushのスーパー・フェザー級戦線での再浮上を狙う三輪にとっても、年内最後に組まれたこの一戦は重要。「バチバチぶん殴ってKOしたいです」と、気合十分のこもった言葉で、KOによる締めくくりを宣言していた。

三輪裕樹
「伊藤選手と対戦できるのはうれしいですね。前回負けてしまったんですけど、今回しっかり勝って、もっと上に行けるようにがんばります。 (対戦相手の印象は?)あんまり昔の印象はなかったんですけど、この間の試合を見てて、パンチも凄く上手くなってるなっていう印象がありました。

(年内最後の試合でどういう姿を見せたい?)バチバチぶん殴ってKOしたいです。(どういうことを課題に試合までの期間を過ごしたい?)一番の課題は体調を崩さないことですね。すぐ体調崩しちゃうんで。(体調崩して失敗したことある?)試合が決まってから、今年の1月に水疱瘡に初めて罹りました(苦笑)。(ファンの皆さんへのメッセージは?)すごい気合いを入れて、バッチバチの試合するんで、皆さん期待してくてください」

伊藤健人
「K-1ジム蒲田チームアスラの伊藤健人です。前回の試合が終わって、年内に試合したいとアピールさせていただいて、組んでいただいたことに感謝しております。年内最後の試合になるんですけど、前回KOで勝つことができなかったのが課題なので、今回はKOで倒すことしか考えてないです。(対戦相手の印象は?)対戦相手の印象は名前は知ってる選手で、階級も一緒ですが、まだ映像見始めたばっかりなので、まだちょっとよくわからないです。

(年内最後の試合でどういう姿を見せたい?)自分の選手としての今後、この試合は本当にKOで勝たないと来年につながらないです。ここで試合を組んでいただいて、課題のKOで勝つことをクリアすれば来年につながると思うので、この試合は死んでも倒して勝ちたいと思います。(どういうことを課題に試合までの期間を過ごしたい?)前回の試合で課題はたくさん見つかったので、試合後からすぐ練習して、次は有言実行で倒す練習を、今やっています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)年内最後のKrushの大会、しっかりKOで倒して、一つの試合がKO勝利で終わって、いい大会になるように盛り上げたいと思います。よろしくお願いします」

 

選手登録