2020.10.22

 10月24日(土)東京・GENスポーツパレス「Krush-EX 2020 vol.2」の[Krush女子アトム級/2分3R]で対戦するAIKOとNOZOMIのコメントを公開!

AIKO
「この試合が決まった時は『やっと来たか!』と思いました。プロデビューしてからKrushの舞台に憧れていたので、気持ちが燃えたぎっています。これまでのプロ戦績は3戦1勝1敗1分です。対戦相手については『若いっ!若すぎる!』と思いました(笑)。この試合に向けて、今回は新しいトレーナーと“相手の心を折る”練習をしてきたので、圧倒的に自分だけが攻撃して勝ちたい、いや、勝ちます。自分のセールスポイントはフィジカルの強さなので、女子の試合と思わせないような闘いをし、女子レベルでは負けないことを証明します。今後の目標はKrushのベルトです」

NOZOMI
「この試合が決まった時は、やっと自分もプロファイターとして、しかもK-1 JAPAN GROUPのリングで戦えることがめちゃくちゃ嬉しかったです。自分は10歳で格闘技を始め、NEXT LEVEL関西では1位になりました。対戦相手の印象は小さいのに攻撃的で、下からくるパンチが避けにくそうやと思いました。この試合に向けて相手の対策と、蹴りの強化を図りました。自分はパンチが得意で、スピードやったら負けません。最後は右ストレートか、ハイキックで倒したいです。今後の目標としては、来年Krushのベルトを獲って、KANA選手のように女子でK-1を引っ張って行けるような存在になりたいです」

 

選手登録