2020.09.27

 9月27日(日)都内にて、「Krush.117」後楽園大会の一夜明け会見が行なわれた。

 昨日の第7試合で佐野純平を1RKOで下し、貫禄の強さを見せつけた島野浩太朗。前日会見から「決死の覚悟で準備してきた」と精神面の充実を口にしてきたが、一夜明け会見でも落ち着いた表情で言葉を続け「昨日の一戦を大きな糧に、また次戦に向けて全身全霊、精進して参りたいと思います」と語った。

島野浩太朗
「昨夜の一戦に関しましては無我夢中でした。気をすべて、リングに注ぐんだという気持ちで勝負に挑みました。そして勝利という結果よりも、勝利という結果をもって次の一戦をまた迎えること、それに昨日の一番の価値を感じております。(試合前からかなり精神的に落ち着いていたように見えたが)9カ月ぶりにKrushのリングに上がらせていただくということもあったんですけど、それ以上にもう一戦一戦、決死の覚悟で『この一戦、落としたら先は(ない)』という気持ちで臨んで生きてます。自分の周りでサポートしてくださる方々の思いだったり、その熱で普段から一緒に動いているので、自然と、そういった気持ち(決死の覚悟)になりましたね。

(昨日は同じ階級の試合も多かったが、意識はした?)試合が決まった時は少し意識はあったかもしれないですけれども、試合に向かうにあたって、ほかのことは一切何も気にならない…というよりも、試合にもう入り込んでいました。自分が対戦相手との一騎打ちに臨むんだっていう気持ちだけでしたね。ほかのことは何もなかったです。

(今後の目標は?)目標はたくさん出てきます。ですが、与えていただいた試練、与えていただいた機会に、100\%の準備ができた自分をもって挑戦する。それが一番、何よりのことだと思っていますので。昨日の一戦を大きな糧に、また次戦に向けて全身全霊、精進して参りたいと思います。

(中村拓己プロデューサーの『会見のコメントがすごく大人になった』というコメントに対して)なんて言うんですかね、等身大と言いますか。たとえ自分が失言したとしても、こう言ったなら自分は絶対に後悔しない、そういう自分で言葉を話そうと思うようになりました。

(ファンのみなさんへのメッセージ)まやかしではない自分を持って、100\%の自分自身で表現できる場所というのは、唯一リングの上だと思っております。試合を観てくださるみなさんの視点とも、今後勝負していきたいと、そういった覚悟でおります。どうか、次戦も注目、よろしくお願いします」

 

選手登録