2020.08.30

 8月30日(日)都内にて、「Krush.116」後楽園大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第4試合に出場した雄人は、スーパー・ウェルター級から階級を上げての試合。クルーザー級で戦っているOD・KENと-78kg契約で対戦し、延長戦までもつれ込んだ試合を制して勝利を飾った。

「相手は実力あるOD選手で、それに勝てたことは凄くうれしく思っています」と喜びの声を上げた雄人。K-1 JAPAN GROUPのリングに参戦したのは、2017年2月25日のK-1代々木大会で、そこから5戦目にしてのうれしい初勝利だった。

 今回の試合前には練習中に右の肋を骨折。その逆境を乗り越えてのK-1 JAPAN GROUPでの初勝利に、「今回はどうしても勝ちたかったので勝てて良かったです」とホッとした様子だった。しかし「お客様を魅了するような試合はできなかった」と、反省することも忘れない。「次はしっかりお客様を魅了できるような試合をしたいと思います」と、初勝利をきっかけにさらなる飛躍を目指す。

雄人
「優弥道場の雄人です。昨日はお客様を魅了するような試合はできなかったんですけど、相手は実力あるOD選手で、それに勝てたことは凄くうれしく思っています。魅了するような試合ではなかったんですが、今後はお客様を喜ばせるような、魅了するような試合をできるようにがんばりますので、よろしくお願いします。

(一夜明けての感想は?)OD選手は右のフックが武器だったので、ジャブからの攻撃をつなげたかったんですけど、相手に合わせられるのをちょっと恐れちゃってた部分がありました。それでああいう試合になっちゃったんですけど、トレーニング中に右のあばらを骨折していて、そういうのもあって今回はどうしても勝ちたかったので勝てて良かったです。

(この階級でやってみて手応えは?)今回この階級で初めて試合をしたんですけど、やっぱりパンチも蹴りも重くて、もっとインパクトのある試合がしたかったんですけど、次はちゃんと魅了できるようにがんばります。(K-1 JAPAN GROUPの試合では初勝利となったが?)Krushにも以前から参戦していたんですけど、勝ち星がKrushでは作れなくて、そういった部分でも今回勝ち星を作れて良かったです。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)次はしっかりお客様を魅了できるような試合をしたいと思いますので、是非応援よろしくお願いします」

 

選手登録