2020.08.22

 8月22日(土)東京・GENスポーツパレスにて「Krush-EX 2020 vol.1」が開催された。

「Krush-EX」(クラッシュ・イーエックス)はキャリアが浅い・若い選手たちが経験を積む場として、2010年~2014年まで新宿FACEで開催されてきたイベント。若き日の武尊、木村"フィリップ"ミノル、卜部弘嵩、卜部功也、安保瑠輝也、林健太、山崎秀晃など、現在K-1の第一戦で活躍する錚々たる選手たちも戦ったことのあるリングだ。

 また中村拓己K-1プロデューサーは大会開催発表会見で「出場選手についてはK-1 JAPAN GROUPの契約選手はもちろん、まだ契約していない選手が初参戦するチャンスを与える場にもしたい」とコメント。その言葉通り、約6年ぶりの復活となった「Krush-EX」にはキャリアが浅い・若い選手たち、Krush初参戦の選手たちが並んだ。

 そのなかで大きなインパクトを残したのはメインイベント(第7試合)で倉田永輝に判定勝利したKrush初参戦・福岡出身の壬生狼一輝(みぶろ・かずき)だ。出場選手の負傷欠場を受けて、大会4日前にオファーを受けた壬生狼は、1Rからスリリングな打ち合いを展開。倉田の右ストレート・ヒザ蹴りを受けながらも、最後までスピード&手数が衰えることなく攻め続け、判定3-0で倉田から勝利をもぎとった。

 なお今大会の試合映像は23日(日)18:00~K-1公式YouTubeチャンネルにて配信予定。

☆全試合結果・写真・レポート
https://bit.ly/2YpmIXz

 

選手登録