2020.08.20

 8月20日(木)埼玉・東川口のポゴナ・クラブジムにて、8月29日(土)東京・後楽園ホール「Krush.116」の[第7代Krushウェルター級王座決定トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R]で近藤魁成と対戦する海斗が公開練習を行った。

 海斗は「K’FESTA.3」3.22さいたま大会で第3代K-1スーパー・ウェルター級王者決定トーナメントに出場したものの、一回戦で木村“フィリップ”ミノルに敗北。今回の「Krush.116」では捲土重来を期し、Krushウェルター級王座獲りに挑むことになった。

 この日、海斗はジム内で2分1Rのミット打ちを披露。近藤魁成との一回戦に向けて、絶好調ぶりをアピールした。試合をするのは木村に負けた3月以来で、約5カ月ぶりとなる。しかし、その間に肉体改造に着手した。

「ミノル選手が化け物みたいな身体をしてたんで、負けられないなと思って、結構がんばってトライしました」と、敗戦をきっかけとして栄養学の勉強や料理にもチャレンジ。「減量の料理も全部自分で作って、プロテインもほとんど飲まずに、全部食事から摂って身体を作った」と、フィジカル面でのパワーアップを図るために、努力を重ねてきたようだ。

 海斗といえば高いKO率とアグレッシブなファイトスタイルでK-1・Krushで存在感を見せている。今回は1日2試合のワンデートーナメントだが、KOへのこだわりは変わらない。

「自分が格闘技の試合を見に行って、倒す選手のほうがおもろいし、お客さんもお金を払って見に来てるんで、そういう試合を見たいはず。だから(倒すことへの)こだわりはあります」と語り「今回は1日2試合のワンデートーナメントですけど、僕はいつもKOすることしか考えてないんで、迷わず倒しにいきます」

 また海斗は地下格闘技や「THE OUTSIDER」出身。今回の対戦相手である魁成のように、K-1甲子園などのK-1のアマチュア大会で実績を残した選手が多い現在のK-1 JAPAN GROUPのリングでは、異色の経歴の持ち主だ。

 自身とは対照的なバックボーンの魁成について、「天才少年ですよね。ミライモンスター(笑)。全部うまくて、オールマイティーに全部できる」と評した海斗。しかし、その魁成の「他とはレベルが違う」という強気な発言に関しては、「やったらわかるんちゃうかな。試合前に言いたいこと? 別にないですね。リングのうえで殴ってやります」と意に介さず。「負ける気は全くしてない。一回戦が決勝やと思っているんで、倒してベルトを巻かせてもらいます」と、一回戦突破とベルト奪取に向けて自信を見せていた。

 魁成のようなアマチュアエリートではない海斗だが、「K-1アマチュアに出て優勝して、K-1のベルトに絡むのが王道のようになっていますけど、僕みたいな奴でもがんばったらここまで行けんねんぞというところを見せたいですね。勇気を与えられるんじゃないかなと思います」と自身が進んできた道には誇りも持っている。

“王道”とは違う、海斗の“アウトサイド”からのKrush王座獲りに注目が集まる。

 

選手登録