2020.07.12

 7月12日(日)都内にて「Krush.114」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 セミファイナルに登場したのは、前Krushスーパー・ライト級王者・鈴木勇人。佐々木大蔵への連敗と王座陥落からの復帰戦、しかも3年前に敗れているFUMIYAとのリベンジマッチ。この一戦をわずか90秒でのKOで劇的に制した鈴木は、勝利に「ホッとしている」と心境を明かした。

「事故を起こさないように」と慎重な戦いも想定していたというが、FUMIYAの仕掛けに乗る形で試合は早い展開に。ただそれも想定内で、「ディフェンス気味に取ったカウンターがいいところに当たって、一番いい結果になった」と自己評価を下した。

 以前から口にしている「K-1王座獲得」に近づいていることも実感できたようで、改めて今後の目標を問われると「K-1のベルトを狙っています」と不敵な表情を見せた。

 自身の試合の直後には佐々木大蔵のタイトルマッチも行われたが、「家に帰って映像で見て、『こんな人と自分は試合したのか』と思うぐらい強かった」と、その強さを再認識。だがK-1王座への道の途中には、佐々木へのリベンジも欠かせない。「必ずやり返します」と強い決意を口にした。

 最高の形で再起を果たし、改めて頂点への道を歩もうとしている鈴木。次戦での戦いも楽しみだ。

鈴木勇人
「(昨日の試合を振り返って)FUMIYA選手にしっかりリベンジすることができて、あとは再起戦ということでいい勝ち方ができて、今はホッとしています。(早い展開になりましたが、想定内?)想定はしてましたね。ああやって仕掛けてくるだろうなとは思ってたんで。ただ1Rは……どうしても勝ちたかったんで、事故を起こさないように戦おうと思ってたんですけど、思ったよりパンチが見えて、ディフェンス気味にカウンターを取った感じなんですけど、それがいいところに当たっていい感じに倒れて、一番いい結果になったのかなと感じます。

(再戦を制しましたが、自分が一番成長できた点は?)ボクシング技術も成長できたかなとは思うんですけど、正直ああいう打ち合いってそんなに苦手じゃなくて、けっこう得意なんですよね。ボクシングも練習したので、それもしっかり出たのかなと思いますね。(今後の目標は?)K-1のベルトを狙っています。

(メインの佐々木選手の結果を見てどう思いましたか?)生では見られなかったんですけど、家に帰ってすぐ映像で見て、やっぱり佐々木選手はメチャクチャ強いなあと思って。『こんな人と自分は試合したのか』と思うぐらい強かったですね。でもやっぱり2回負けちゃってるんで、いつかはやり返さなくちゃいけないと思ってるんで、必ずやり返します。

(佐々木選手との2連戦で学んだことは?)自分はそんなに頭がよくないんで、『これがどう』というのはよく分からないですけど、肌感覚の問題で佐々木選手、本当にトップの選手とやって学べたことはすごくあったと思います。(ファンの皆さんにメッセージを)自分はK-1のベルトを獲ると自分で決めたので、これからしっかりと獲りにいきます」