2020.07.06

Krush Evangelistの石川直生が7月11日(土)後楽園ホールにて開催される「Krush.114」前半戦の見どころを紹介!

※Krush Evangelist(クラッシュ・エヴァンジェリスト)……Krushの魅力と価値を幅広く伝える伝道師

「今回は『Krush.114』前半戦の試合の中から、特に僕が楽しみにしている試合をいくつか選んで紹介していきたいと思います」

[Krushフェザー級/3分3R・延長1R]
新美貴士vs岡嶋形徒

「新美選手は佐藤嘉洋さんが所属していた名古屋JKファクトリーの所属で、とにかくしぶとい選手です。佐藤さんと同じように小森次郎会長が大事に厳しく育てている背景が見えます。ファイトスタイルはしつこいローと必ず相手の攻撃を受けたら返すことが特徴で、相手を休ませない。この攻撃で佐野天馬選手やTETSU選手にも勝っています。決して派手じゃない地味なのですが実力がある選手です。

 対する岡嶋選手はKRESTの若い選手で、KRESTも若い選手が育ってきて、試合に向けて切磋琢磨している背景が見えます。岡嶋選手は思い切りが半端なく良くて右ストレートが強い。どんどん前に出てくる新美選手にどう右ストレートを当てるか。右ストレートの質の変化に期待しています。

 固いガードで攻撃をやめない新美選手を岡嶋選手がどうアグレッシブに攻略するかを楽しみにしています」

[Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]
蒼士vs鬼山桃太朗

「蒼士選手は本当に強いですね。軽量級でも倒せる実力があって、武尊選手はや武居由樹選手のように倒せる軽量級が育っているのがKrushの魅力ですよね。蒼士選手は細かい技術のレベルがものすごく高いんですよ。フェイントだったり。そしてディフェンスの技術も高い。身体の軸も強いので、幅広い攻撃に対応できます。また若いのにこれだけ実力があるというのは、指導者のレベルが上がっているからだと思います。若い選手が活躍する要因はそこですよね。

 鬼山選手はプロ3戦目ですが落ち着きっぷりがすごいですね。前回の試合を見て、次は上のレベルの選手と見たいと思っていたので、タイトル目前の蒼士選手との試合はグッドマッチメークだと思います。鬼山選手はフック系の打ち分けが強いのですが、蒼士選手のディフェンスも対応してくると思います。でも僕は鬼山選手のアップセットに近い試合も期待しています。とにかく2人ともレベルが高いので、この試合の勝者は間違いなくタイトル戦線に絡んでくると思います」

[Krushフェザー級/3分3R・延長1R]
桝本翔也vs椿原龍矢

「桝本選手はキャリア30戦を超えて、階級もフェザー級に変えて2連勝して、調子いい状態だと思います。桝本選手はべた足で打たれ強さ武器に身体ごと前に出てプレッシャーをかけるスタイルです。現K-1フェザー級王者の江川優生選手に最後に黒星をつけているのが桝本選手です。“ゴリ”という異名がある通り、桝本選手はゴツゴツした試合をするんですけど、動きは柔らかいんですよ。空手ベースの蹴りもできるし。これまで何回もタイトル直前のあと一歩のところでチャンスをものにできないことがありましたが、そろそろここでベルトを巻きたい覚悟を持っていると思います。

 椿原選手は毎回解説でも言っているのですが運動量が半端ないです。インアウトを激しく繰り返して攻撃をやめない。ドラゴンボールの孫悟空みたいなイメージです。突進する強さもあるし、動き続けることがディフェンスにもなっているアグレッシブなファイターです。のしのし来る桝本選手に対して、椿原選手は動きが止まったら分が悪い。椿原選手としては、桝本選手のプレッシャーを受けないところで動き回ってどう刺すか?だと思います。この試合もレベルが高い試合になると思っています」

 

選手登録