2020.06.29

 6月29日(月)都内にて「Krush.113」新宿FACE大会の一夜明け会見が行なわれた。

 現役高校生でもある龍華だが、昨日の試合では塚本拓真に判定勝利し、これで5連勝と破竹の勢いを示した。会見では「作戦通りに行けたが、倒しきれなかったんで、反省すべき点がたくさんあった」と振り返った龍華。

 次の試合は8月2日に開催されるK-1甲子園だ。昨年は-65kgで優勝を飾っている龍華にとって、狙うは近藤魁成に続く2連覇の偉業。「甲子園は絶対に連覇して、次はもっと上の選手と闘わせてもらえるようにがんばります」と、K-1甲子園2連覇を誓うと共に、K-1 JAPAN GROUPのリングでのさらなるステップアップを口にしていた。

龍華
「押忍、TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKERの龍華です。昨日の試合は作戦通りに行けたんですけど、倒しきれなかったんで、反省すべき点がたくさんあった試合だったと思います。(一夜明けての心境は?)家に帰って自分の試合の動画を見直したんですけど、1、2Rは凄くよく闘えたなと思うんですけど、3Rにスタミナが切れて、ちょっと危ない場面があったんで、そういう点を改善できたらいいなと思います。

(昨日の勝因は?)試合の前からローを効かせていく作戦だったんで、見事ローキックが効いて、作戦通りに進んだかなと思います。(今後の目標は?)今後は甲子園2連覇を目指してがんばっていきます。(ジムを移籍しての試合でプレッシャーは?)プレッシャーは特になかったんですけど、いろいろ試したい技があって、そういうのをちょっと狙いすぎちゃったのかなと思います。(昨日は距離感が良かったと思うが?)距離感は相手のほうがリーチがあったんで、自分の距離で闘いたいとずっと思っていて、近くに来たらローとかそういう作戦だったんで、まあ距離感はいい感じで闘えたかなと思います。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。昨日は倒せなかったんで、今度は8月2日、甲子園に向けてしっかり仕上げて、甲子園は絶対に連覇して、次はもっと上の選手と闘わせてもらえるようにがんばります。押忍!」

 

選手登録