2020.06.27

 6月27日(土)都内にて、開催を明日に控える「Krush.113」新宿FACE大会の前日会見が行なわれた。

 メインイベントでKrushライト級タイトルマッチを闘う王者のゴンナパー・ウィラサクレックと挑戦者の篠原悠人は会見に先立ち、中村拓巳K-1プロデューサーの立ち会いのもと、調印書にサイン。その後、それぞれ意気込みを述べた。

 2018年12月8日に開催されたK-1ライト級世界最強決定トーナメント一回戦の再戦が、いよいよ前日に迫ってきた。自身のプライドとKrushライト級王座をかけて、篠原へのリベンジに挑む王者・ゴンナパーは、同じ相手との再戦に関して「2連敗したことは以前もない」と断言。「必ず防衛して、次はK-1のベルトにつなげたい」と、自信たっぷりに次なる目標まで口にした。

 一方の篠原は、前回の対戦ではわずか25秒でKO勝ちを収めているものの、「前の作戦がそのままハマるとは思ってない。2回目の対策もしっかりしてきた」と、油断している様子もない。狙うは2階級制覇とK-1ライト級王座への挑戦。「2階級制覇は絶対にしたい。Krushライト級のベルトを獲って、K-1のライト級のベルトに挑戦することに意味がある」と、こちらもゴンナパーを返り討ちにしての更なる野望達成に意気込んでい。

篠原悠人
「4月25日から大会が延期して、明日やっと試合ができます。試合がない期間もしっかり練習して仕上げてきたんで、明日KOで勝って、Krushライト級のベルトを獲りたいと思います。(対戦相手の印象は?)ゴンナパー選手は変わらずめっちゃ強いんで、その印象は変わってないですね。(前回の対戦を踏まえて、どのような対策を練ってきた?)前回は25秒で終わったんですけど、あの展開は3Rの中で絶対に出てくると思うし、打ち合う場面も出てくると思います。ハンドスピードや(パンチの)回転は僕の方があると思うので、そこを突けたらなという練習をやってきました。もちろんゴンナパー選手も結構考えてくると思うし、前の作戦がそのままハマるとは思っていません。僕も2回目の対策をしっかりしてきたので、楽しみにしてください。(お互い再戦では負けたことがないが、今回も自信がある?)僕は再戦に負けたことがないんですけど、それに関わらず前回も自信があったし、前回以上の自信は今回あります。

(前回はパンチの打ち合いが1Rにあったが、今回ゴンナパーがミドルキックや防御強度を上げてくることも考えられると思うが?)それでも絶対にパンチの打ち合いの場面は出てくると思います。ゴンナパー選手の前回の試合を見てもガードは高いし、そこは意識しているのかなと思うし、僕の試合の時はより(ガードを)意識してくるなと思います。僕はそれを踏まえて練習してきたので、それを全力で出そうかなと思っています。(これから試合までの24時間をどのように過ごそうと思っている?)普通にリカバリーして、体重もそこまでキツい減量ではないんで、しっかり体調を戻して明日に備えたいなと思います。(このあと食べる勝負メシは?)勝負メシみたいなものはないですけど、ベタに焼き肉を食べます、いつも。肉の種類はカルビとかが好きですね。

(大会再開後初のメインイベントで注目を集めると思うが、それに相応しい試合とはどのように考えている?)イベントが再開されて初のメインなんで、そこで役割をしっかり果たしたいなと思っています。僕は格闘家なんで試合でしか魅せられないし、試合で魅せたいと思っているし、楽しみにしていてください。(ベルトに対する思い入れは?)Krushの2階級制覇は、今まで2人の選手がやっているので、それは絶対にしたいなと思っています。Krushのライト級のベルトを獲って、K-1のライト級のベルトに挑戦することに意味があると思うので、しっかりとここでKrushのライト級のベルトを獲りたいなと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)コロナで試合がない状態が続いて、イベントが再開される一発目のメインです。僕は格闘家なんで、試合でしか魅せられないんですけど、刺激や感動を与える試合をしたいと思っているので、明日は注目していてください。応援よろしくお願いします」

ゴンナパー・ウィラサクレック
「今、体調がとても良くて、計量が終わってとてもいい気分だ。篠原との再戦を1年以上待っていたし、明日闘えることをうれしく思っている。(対戦相手の印象は?)相手はしっかり計画を練ってきたんではないかと思うので、明日は全力で闘う。相手が計画を練ったとしても、自分が勝つために練習してきたものもあるから、相手は自分を倒すことはできないよ。(前回の対戦を踏まえて、それぞれどのような対策を練ってきましたか?)しっかりとした対策はあるけど、それは明日ぜひ会場で見ていただきたい。(お互い再戦では負けたことがないが、今回も自信がありますか?)前回の対戦では負けてしまったけど、今回は必ず勝つ。自分は同じ相手に2連敗したことは一度もないからね。

(篠原選手のパンチやハンドスピードにどう対抗しようと考えているのか?)対策というのはしっかりと練ってきているが、それは明日リング上で見ていただきたい。相手のスピードが勝つのか、自分の攻撃の重さが勝つのか。そういうことだよ。(これから試合までの24時間をどのように過ごそうと思っている?)食べて、休んで、寝て、明日は全力で闘うだけだ。(このあと食べる勝負メシは?)まず白米とタイ料理を食べる。タイ料理にもいろいろあるけど、ガパオを食べたら力が出ます。

(大会再開後初のメインイベントで注目を集めると思うが、それに相応しい試合とはどのように考えている?)明日は必ずおもしろい試合をしたいと思っている。休みが凄く長かったので、ファンの皆さんに満足していただけるような試合ができればと思っている。(ベルトに対する思い入れは?)今回は防衛戦で、とても興奮している。今回必ず防衛に成功して、次はK-1のベルトのほうにつなげたいと思う。(ファンの皆さんへのメッセージは?)明日はファンの皆さん、ぜひ応援よろしくお願いします。必ずおもしろい、いい試合をしようと思います。必ず防衛して、勝ちます」

 

選手登録