2020.03.29

 3月29日(日)都内にて「Krush.112」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第2試合で聖也を1RKOで下し、プロデビュー戦の敗北をバネに3連勝を飾った提髪和希。一夜明け会見では「練習でも先輩にも通用するようにもなってきたし自信がついた」と名門KRESTで揉まれる日々で確かな成長を実感していると語り、同門の橋本実生や岡嶋形徒ら格闘代理戦争出身選手の“撮影係”になっているという自虐ネタもあってか、2020年の目標は「やっぱ知名度を上げたい」とした。

提髪和希
「昨日は1Rで倒そうと思ったんで、その通りになって良かったです。(2戦連続KO勝ちでデビュー戦の頃からの変化は感じている?)そうですね。練習でも先輩にも通用するようにもなってきたし自信がつきました。(昨日の試合は同門の野杁正明を彷彿とさせるような倒し方だったが)昔からファンだったんでKRESTに移籍してきた時はビックリしたんですけど、間近で見てると似てるって言うのはおこがましいんで…。でも理想ではあります。

(2020年の目標は?)やっぱ知名度を上げたいっすね。(試合後のマイクアピールの想いは?)僕の1試合前が(橋本)実生でその後が松本(日向)選手で、他にも一杯有名な選手がいて僕達の試合だけ微妙かなと思ってたんで、内容で魅せられたらと思って。あと今は大変な状況だと思うんで、そんな感じで発言しました。(ファンのみなさんにメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。もっと強くなります。これからも頑張りますので応援よろしくお願いします」

 

選手登録