2019.11.07

 11月7日(木)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、「K-1 KRUSH FIGHT.107」の前日記者会見が行われた。

 第2試合には元女子キックボクシング王者で8戦6勝2分と無敗、プロボクシングでWBO女子世界ミニフライ級王者にも輝いた山田真子がKRUSH初登場。女子高生ファイターのMOEと対戦する。

 MOEは「パンチでも勝って蹴りでも勝って、自分の方が強いところを見せて勝つ」と大物喰いに意欲を見せ、山田も王者・高梨knuckle美穂が持つベルトを「自分が獲りたい」と見据える。女子アトム級のタイトル戦線にアピールするのはどちらとなるか?

MOE
「明日は自分の力を全部出して勝てたらいいなと思います。(山田の印象は)動画が全然出てこなくてあまり見られていないんですけど、絶対強いと思うので、体とかもガッチリしていて強そうやなと思いました。普通に蹴りとかパンチも上手いと思うんですけど、ボクシングの世界王者だし、パンチでも勝って蹴りでも勝って、自分の方が強いところを見せて勝てたらいいなと思っています。

(先日王座を防衛した高梨の試合を見た?)見ていたんですけど、挑戦者のパヤーフォンも17歳で自分と同じ年でスゴいなと思って、相手の選手も強かったけど高梨選手が勝ったのでスゴいなと思って、自分も高梨さんにもう1回挑戦してベルトを獲りたいなと思っています。試合前のインタビューも山田選手ばっかり載っていて“あれ、MOEは?”みたいに思ったんですけど、強い選手だから勝ちたいです。明日は2人でメチャいい試合するので、みなさん応援よろしくお願いします」

山田真子
「(相手の印象は)若いわりには試合数も多いみたいで、試合慣れしているんじゃないかなと。あとは勢いがあるところがすごくいいなと思います。(復帰戦を前に心境は?)福岡のK-1ジムさんでずっと練習させてもらって、K-1ファイターのK-Jeeさんとも一緒に練習させてもらったんですけど、みなさんの協力のおかげで自分の思っていた以上に感覚が戻ってきたんじゃないかと思うので、仕上がりはバッチリです。

(高梨の)試合は見ていないです。でも結果だけは知っています。どんどん高梨選手が防衛するにつれてベルトの価値も上がると思うし、こっちのモチベーションも上がるので、そのままベルトを持っていてほしいです。そして自分がベルトを獲りたいです。明日は全試合の中で1番面白いと思ってもらえるような試合を必ずするので応援よろしくお願いします」

 

選手登録