2019.11.06

 11月16日(土)大阪・サンエイワーク住吉スポーツセンター(第1体育館)で開催される「K-1 KRUSH FIGHT.108」の[K-1 KRUSH FIGHTウェルター級/3分3R・延長1R]で大泉翔と対戦する海斗のインタビューを公開!

──怪我で約10カ月ぶりの試合となりましたが、オファーを受けた時の心境はいかがでしたか?

「やっと来たな!と思いましたね。1月の試合(加藤虎於奈に判定負け)で怪我しちゃったんですけど、怪我で試合が出来ないのはもちろん、同じ階級の選手が良い試合をしていたりすると、イライラしちゃって(苦笑)。『俺も早く試合がやりたい!』と思って、病院の先生にいつも『いつ殴れるようになるんですか?』と聞いてましたね。でもようやく怪我も治って試合できるので、あとはリングの上で暴れるだけです」

――ジムワークが出来ない間はどんなことを意識して練習していたのですか?

「走ったりは出来たんで、身体を動かせるところは動かして、一日でも早く復帰することしか考えてなかったです。ジムワークを再開して筋力も元に戻ったんで全然倒せますよ」

──対戦相手の大泉選手の印象はいかがですか?

「苦手なタイプではないかなと思いますね。一発やカウンターを合わされたらしんどいなと思いますけど、普通に試合をしたら俺が10回中7回ぐらいは勝てる相手だと思います」

──海斗選手が欠場している間にウェルター級も色んな選手が出てきて盛り上がっていますが、今回の試合では自分のどういったところを見せたいですか?

「最近では近藤魅成選手とか若い選手も注目されてますけど、僕は自分の攻撃力に自信を持っています。僕の攻撃力をみんなに思い出してもらって、ここからまた自分の名前を売って行きたいと思います」

──やはり海斗選手は自分の攻撃力に自信を持っていますか?

「そうですね。自分は倒す練習しかしてないんで。捨てパンチとかはあんまいらんかなっていう。とりあえず僕は練習から倒すことしか考えてないっす。特に蹴りの威力は誰にも負ける気がしないんで、そこを見てほしいです」

──海斗選手は地元が滋賀県ということでK-1 JAPAN GROUPの中部・関西の大会に出たいという気持ちはあったんですか?
「はい。昔から名古屋や大阪の大会とかに出してくださいとリクエストしていて、普段は会場に来られない人たちもたくさん来てくれるので楽しみです」

──それではファンのみなさんにメッセージをお願いできますか?

「ファンの人はみんな熱い試合を見たいと思っていると思うんで。打ち“合う”つもりはないですけど、山場を作って倒します。それで一緒に盛り上がってもらって、大阪の人も僕のファンになってもらえたら嬉しいなと思います。いつも通りバチバチの試合をします」