2019.10.05

 10月4日(金)大阪・ハートンホール日本生命御堂筋ビルにて記者会見が行われ、11月16日(土)大阪・サンエイワーク住吉スポーツセンター(第1体育館)「K-1 KRUSH FIGHT.108」の第2弾対戦カードが発表された。

 海斗は1月のKrushで加藤虎於奈に敗れて以来の再起戦。対する大泉も元プロボクサーという肩書きでK-1・KRUSHに参戦しているが、4月KRUSHでの山際和希戦、そして“パンチ対決”として注目を浴びた8月K-1大阪での木村“フィリップ”ミノル戦と連敗を喫した。

 会見では共にバチバチの打ち合いを予想しつつも「バンバン蹴って行く」と予告する海斗に対して、大泉は「試合当日を楽しみにしといてください」と多くを語らなかった。勝利を渇望するハードヒッター対決はどんな試合展開になるのか?

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/L_EfS0tcHWc

大泉翔
「前回K-1大阪に出場させていただいて、ちょっと情けない結果になってもうたのに、またこうやって呼んでもらってありがとうございます。(対戦相手の印象は?)長身でハードパンチャーというイメージです。キックに転向する前から海斗選手とは何か戦いそうやなと思って、よう動画とか見てました。好戦的なファイターなんで、僕もボクシングの時はテクニック重視やったんですけど、キックに来てファイトスタイルも変えてガンガン行こうと思うんで、噛み合うんちゃうかなと思います。

(前回の試合の感想は?)ボクシングで67.5kg(ウェルター級)はグローブが10オンスとかなんですけど、K-1は8オンスなんですね。それであのパンチはエグいなと思いました。試合後のインタビューとかでも言ったんですけど、試合の記憶が2つしかなくて、とりあえずアレは人間じゃないなって感じです(苦笑)。(海斗は『バンバン蹴って行く』と発言しているが、自身はどういった戦い方をしようと思っている?)それはシークレットですね。それを言ったら面白くないと思うんで、楽しみにしといてください。

(初のKRUSH大阪大会で自分のどんなところをアピールしたい?)K-1 JAPAN GROUPに来てから全体的に入場とかもそうなんですけど、パフォーマンスが中途半端やから緊張してる部分もあるんで。今回はちょっと弾けちゃおうかなと思ってます。

(ファンの皆さんにメッセージは?)さっきも言ったんですけど、今のところ全体的に中途半端になっていて俺らしさがまだ出ていません。ちょっと俺らしさ全開で全部出して、俺の世界に皆さんを連れ込みたいなと思ってます。11.16、翔タイム!」

海斗
「前回1月に試合して怪我しちゃって、試合したくても出来ませんでした。今回からまた良いペースで試合していきたいで、絶対ここは負けられないです。(対戦相手の印象は?)ボクシングで新人王獲ってるって聞いてて、パンチとプレッシャーが凄いんやろうなと思ってます。で、僕のことをハードパンチャーって言ってはったんですけど、僕は蹴りの方が得意なんでバンバン蹴って行きたいと思います。

(初のKRUSH大阪大会で自分のどんなところをアピールしたい?)僕は関東のジムに所属してるんですけど、地元が滋賀県で大阪まで1時間ぐらいです。プロになってから関西で試合をするのは初めてなんで、今まで来れへんかった人達も見に来てくれると思います。多分打ち合いになると思うんで気持ちで負けないように、倒されても絶対に最後は僕が立っているような試合をしたいです。

(ファンの皆さんにメッセージは?)試合に出られない間も応援してくれたファンの人のために絶対勝ちます。ちょっと会見は苦手なんですけど、その分、試合で魅せようかなと思います」

 

選手登録