2019.09.17

 9月17日(火)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.105」の一夜明け会見が行われた。

 中国のワン・ジーウェイと対戦した大沢文也だが、1R終盤にジーウェイのヒザ蹴りをもらい前のめりにダウン。ジーウェイのKO勝ちかと思われたが、レフェリーがヒザ蹴りの場面のインスタントリプレイを要請。映像を見直した結果、ジーウェイのヒザ蹴りはKRUSHルールでは反則となる両手で掴んでの攻撃と判断され、大沢の反則勝ちとなった。

 一夜明け会見に出席した大沢は「映像は見てないし、見たくない(苦笑)。セコンドには『ボディを打つ時に顔が下にいってた』と言われて、ヒザ蹴りをもらって倒れちゃって気が飛んじゃったんで完敗です」と自分の負けだったと発言。

 言葉に言い表せない結果になってしまった大沢だが「これからも変わらず卜部功也選手を目標に追いかけ続けたいって気持ちは変わりません」と目指すところは変わらず。最後に「後輩の寺島輝が1RKOで勝って、3戦3勝3KOで全部1RKOで勝ってるんで、ぜひK-1 JAPAN GROUP`の関係者の人はチャンスを与えてあげてください」と同日に劇的なKO勝利を収めた後輩・寺島に注目してほしいと語った。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/ZAY5y7H-dXQ

大沢文也
「(昨日の試合を)覚えてない場合はどうすればいいっすか? 映像も見てないし見たくないっす(苦笑)。倒れたシーンの5秒ぐらいの動画を見させてもらったぐらいです。(ダメージが心配だが試合の後の状況は?)試合が終わった後はそのまま後楽園の近くの大学病院に直行してCTを撮って、一応脳に水や血が溜まってたりってことはなかったんで脳のダメージは大丈夫です。ファンの皆様、ご心配おかけしました。

(複雑な心境だと思うが、ここからどう巻き返して行く?)うーん…複雑な心境っていうか僕の負けなんで。勝ちだとはもちろん当たり前のように思ってないですし、Twitter上とかでもK-1 JAPAN GROUPが僕の裁定について色々と言われてるツイートがあったりしたんですけど、K-1 JAPAN GROUPの判断が間違ってるんじゃなくて僕がああいう試合しちゃったんでそういうことになってるんで。責任じゃないですけど、全部僕が悪かったなって思いますね。セコンドには『ボディ打つ時に顔が下にいってた』って言われたんで。それでヒザ蹴りをもらって倒れちゃって、意識が飛んじゃったんで普通に完敗です。だからこれからの目標はダメージを抜くことです(苦笑)。

(ファンの皆さんにメッセージは?)昨日はああいう形になって、ああいう結果で終わってしまって、本当にすいませんって気持ちで一杯です。昨日は本当にファンの皆さんすいませんでした。これからも変わらず卜部功也選手を目標に追いかけ続けたいって気持ちは変わりません。ただ昨日は僕の試合の前に後輩の寺島輝が1RKOで勝って、3戦3勝3KOで全部1RKOで勝ってるんで、ぜひK-1 JAPAN GROUPの関係者の人はうちの寺島輝にチャンスを与えてあげてください。よろしくお願いします」

 

選手登録