2019.09.15

 9月15日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、9月16日(月・祝)後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.105」の前日計量・会見が行われた。

 明日のセミファイナルでは大沢文也vsワン・ジーウェイのライト級の国際戦が組まれた。当初、大沢は7月の「K-1 KRUSH FIGHT.103」で卜部功也をKOしたジュー・シュアイとの対戦が決定していたが、シュアイの怪我により試合が消滅。その代役として同じく7月のKRUSH後楽園大会で瓦田脩二に勝利したワン・ジーウェイと対戦することとなった。

 会見では大沢がシュアイ戦が消滅したことについて「正直モチベーションは上げるのは大変でしたね。ただAbemaTVさんの特集で卜部功也選手にすごく良いことを言われたんで、それでモチベーションが上がりました」と気持ちを持ち直した理由を明かすと「元々決まってたシュアイ選手よりジーウェイ選手の方が明らかに強い。強いヤツとやれるのは嬉しい」とジーウェイとの対戦に闘志を燃やす。

 さらに今大会の対戦カードのラインナップに触れ「明日のメインイベントはスーパー・フェザー級のタイトルマッチだけど今回は僕がメインだと思っています。皆さん僕の試合にはめちゃめちゃ期待しててください」と豪語した。

 対するジーウェイは「大沢選手は試合経験が豊富でリングでの試合コントロール能力が豊か。戦闘能力も高い選手」と大沢の実力を高く評価。その一方で「欠場になったジュー・シュアイの分まで皆さんにエキサイティングかつインパクトのある試合をお見せしたい」と好勝負を約束した。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/Yq-QEOSupOo

大沢文也
「明日は僕がすごい良い試合をして盛り上げます。(シュアイ戦が消滅して、この試合に向けてどうモチベーションを切り替えた?)正直モチベーションを上げるのは大変でした。でもAbemaTVさんの特集で卜部功也選手に凄い良いこと言われて、それでモチベーションが上がりましたね。それと対戦相手が変わって、正直ちょっと弱い相手になるのかなって思ってたんですけど……変わった相手がワン・ジーウェイ選手になって『オイ!』みたいな、強い選手じゃねえかよみたいな感じだったっす(苦笑)。

(ジーウェイの方がよりアグレッシブな印象があるが?)エキサイティングな試合をするかどうかは分かんないっす(笑)。だけど元々決まってたジュー・シュアイ選手よりワン・ジーウェイ選手の方が明らかに強いなと思ってるんで、まあ強いヤツとやれるのは嬉しいですね。

(ファンの皆さんにメッセージは?)僕はK-1 JAPAN GROUPでは“泥試合の帝王”なんで、ジーウェイ選手からエキサイティングな試合をしたいって言われてるんですけど、僕とやっちゃうと泥試合になっちゃう可能性が高まるんで、そこら辺はすいません(苦笑)。でもジーウェイ選手には本当に『シェイシェイ』と言いたいですね。対戦相手が怪我で変わって少ない準備期間だと思うんですけど、それでも試合を受けてくれたことには本当に嬉しいと思います。ジーウェイ選手にいは日本人の強い選手も結構みんな負けてるんで、僕がここで今までジーウェイ選手が勝ってきた日本人とは違うんだぞっていうところを見せて勝ちます。

 あとは今回のKRUSHなんですけど、僕がメインだと思ってます。メインイベントはスーパー・フェザー級のタイトルマッチがあると思うんですけど、今回は僕がメインだと思ってるで、皆さん僕の試合にはめちゃめちゃ期待しててください」

ワン・ジーウェイ
「今回は3度目の来日になりますが、またこうやって皆さんとお会いできることを光栄に思います。試合では自分が持てる能力を100%発揮して、皆さんにエキサイティングな試合をお見せしたいです。

(大沢のコメントを聞いて)私も対戦相手が変わるということで、我々のチームメイトのジュー・シュアイが怪我をしたので私が名乗りを上げました。対戦相手が大沢文也選手と聞いた時には、大沢選手は非常に試合経験が豊富で、リングでの試合コントロール能力が豊かな、それから戦闘能力の高い選手だと思います。私も負けずにジュー・シュアイの分まで皆さんにエキサイティングかつインパクトのある試合をお見せしたいと思います。

(ファンの皆さんにメッセージは?)先ほど申し上げた通り、今回が3度目の来日になります。前々回、前回にも増して、皆さんによりエキサイティングかつインパクトのある試合をお見せいしたいと思いますので、明日の試合もぜひご期待ください」

 

選手登録