2019.09.14

 9月16日(月・祝)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.105」のメインイベントで行われる[K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級タイトルマッチ]王者・西京佑馬vs挑戦者レオナ・ペタス。この一戦を第5代K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級王者の安保璃紅が予想!

安保璃紅
「僕は2017年5月にレオナ選手と対戦しているのですが、レオナ選手は色んな選手をKOしているので、攻撃力がある選手だと思って練習していました。特に僕が警戒していたのは“一発の強さ”と“前後のステップワーク”です。試合では上手く対策できて勝つことが出来たのですが、その2つはレオナ選手の武器だと思います。

 対戦相手の西京選手は穴がなくてポテンシャルが高い選手だなと思って見ていました。バランスもよくて何でも出来る選手だと思うと、逆に言うとずば抜けて『これだ!』という武器はないのかなと思います。

 お互いレベルが高くて噛み合う試合になると思いますが、僕とやったあとに勝ち続けていレオナ選手の方が勢いはあると思うし、今回が2度目のタイトル挑戦で『ここで絶対ベルトを獲るんだ』という気持ちが強いと思うんですよね。技術のレベルが高くて一発いい攻撃を当てるのが難しい2人の試合なので、技術で差はつきにくいと思うし、ちょっとしたところでの気持ちの強さが勝敗に影響すると思います。

 そういう意味では2度目の王座挑戦で、挑戦者として『絶対にここでベルトを獲る』という気持ちを持っているレオナ選手の方が有利なんじゃないかなと思います」

 

選手登録