2019.08.08

 8月7日(水)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、9月16日(月・祝)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.105」の第2弾対戦カード発表会見が行われた。

 フェザー級のトップ戦線で活躍する伊澤波人とKRUSH 2戦目の髙橋直輝が対戦する。伊澤は4連勝でタイトル挑戦に王手をかけながらも4月の「K-1 KRUSH FIGHT.100」でTETSUに敗北。今回はタイトル挑戦のチャンスを逃して以来の再起戦となる。対する髙橋は6月の「K-1 KRUSH FIGHT.102」で森坂陸と対戦し、結果はドローに終わったもののKRUSH初参戦で好ファイトを見せた。

 会見では「試合が決まった瞬間にはしゃいだ」と伊澤戦が決まった時の喜びを語る髙橋に対し、伊澤は「テーマは勝つことだけ」と勝利に拘ると宣言。さらに伊澤は「TETSU戦の負けがなかったことになるぐらい、しっかり良い試合をしてインパクトを残す。年内は無理でも1年以内にはチャンピオンの江川選手と戦えるように頑張る」と江川優生の持つKRUSHフェザー級王座まで辿り着くと語った。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/Y5Tt9PLLFH0

髙橋直輝
「今回伊澤選手とやらせていただいてありがとうございます。古株・豪傑の伊澤選手と戦う形になったんですけど、試合が決まった瞬間にはしゃいでました(笑)。良い試合をして盛り上げるのでよろしくお願いします。(伊澤のファイターとしての印象は?)ローキックが凄く強くて、近い距離で戦う印象がありますね。

(ローキックの耐久性には自信がある?)いやー、倒されるかもしれないですね(苦笑)。ローキックに耐えられるように頑張って練習してきます。(ローキック対策は考えている?)とりあえず脚をみんなに蹴ってもらおうかなって思ってます(笑)。

(KRUSH・2戦目で格上の選手と戦う心境は?)さっきも言わせていただいた通り、はしゃいじゃって『これ勝ったらでかいな!』って楽しみな気持ちです。(では喰う気満々?)相手がいる前で言いづらいんですけど、喰いたいなって思ってます。(ファンの皆さんにメッセージは?)絶対に盛り上げるんで応援のほうよろしくお願いします」

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/Y5Tt9PLLFH0

伊澤波人
「試合が出来る状態になって、すぐに試合を組んでもらえてとても感謝しています。しっかり次の試合勝ちます。テーマは勝つことだけです。(髙橋選手の印象は?)いつも相手の選手の映像をあんまり見ないんで、今回もちゃんと見てないんですけど、オーソドックスの選手っていうことぐらいしか確認してないです。あとまあ顔がカッコイイなって思って、それだけですね。(勝てばタイトルマッチという試合に敗れて、それ以降はどんなことを考えてトレーニングしてきた?)1週間ちょっと落ち込んで、友達と遊んだりしてリフレッシュして、そこからは普通に練習してました。もう終わっちゃったことはしょうがないんで、ここからどう頑張るか。あの時の負けを無駄にしないようにしっかり考えて、あの負けをプラスにして次の試合に挑むように準備してきました。

(髙橋の『喰いたい』発言について)僕も食べられないように避けます。(前回負けて変えたこと、変わったことは?)あんまり詳しくは言いたくないんですけど、TETSU選手とやって、ちょっと自分の中で後半に気づいたことがありました。試合中に『これ良いな!』って気づいて、ちょっと気づくのが遅かったんでああいう形で負けちゃったんですけど、次は最初からそれをやってみようかなって思ってます。(それは技的なもの?)技的なものですね。まあ考え方的なものもそうですけど、1つの技をちょっとこれ良いなって気づいたことがあったんで、次の試合でやってみようかなって思ってます。

(ファンの皆さんにメッセージは?)しっかり今回も練習して、前回のことがなかったことになるぐらいしっかり良い試合をしてインパクトを残して、年内は無理でも1年以内にはチャンピオンの江川選手とできるように、何としてもそこまで辿り着けるように頑張るんで皆さん期待しててください」

 

選手登録