2019.06.23

 6月22日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.102」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第1試合で約半年ぶりの再起戦を迎えた佐野純平。スーパー・フェザー級に階級を落としての一戦で川口拓真と対戦すると、序盤は川口のパンチに押されたものの、ジャブ&ローで反撃に転じて、最後は右ストレートでKO勝利を収めた。一夜明け会見で佐野は周囲への感謝を口にすると共にK-1出場の夢を語った。

佐野純平
「あんまり試合のことは覚えてないですけど、KOできてよかったです。6月のK-1両国大会にKRESTからたくさん選手が出るので、それにつなげられてよかったです。(勝因は?)1Rに効かされてちょっと危なかったんですけど(渡辺)雅和さんから『大丈夫。全然いけるから。落ち着いていけ』と言われて、その指示通りに戦えたことが勝因だと思います。

(欠場中に支えてくれた人たちに対して)試合がない時にも食事会に呼んでもらったりして『次の試合はいつなの?』と気にしてくれて、ずっと支えてもらっていたので、その人たちの笑顔を見た時が一番うれしかったです。(今後の目標は?)うちのジムにはK-1とKRUSHのチャンピオンがいるので、ベルトを狙うというよりも、ずっと憧れていたK-1にたくさん出られるような選手になりたいです。(ファンへのメッセージは?)これからも佐野純平を知ってもらえるように頑張りますので応援よろしくお願いします」