2019.06.23

 6月22日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.102」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第2試合でKRUSH初参戦・髙橋直輝と対戦した森坂陸。結果は判定勝利となったものの、3Rのダウンシーンは両者がもつれて倒れた場面で髙橋にダウンが宣告されたもので、森坂自身も「自分では勝った実感はない。はっきりした試合ができなかった自分も悪い。もし再戦があるなら白黒はっきりつけたい」と語った。

森坂陸
「結果では判定勝ちだったんですけど、自分の中では反省すべき試合で、前回よりもダメな試合でした。勝った実感がない試合でした。今回の試合は色んな意見があって、俺の中でも別に勝った実感はないです。自分も納得いってないし、勝った気はしていません。あのダウンが誤審と言われてもしょうがないと思うし、もちろん僕も再戦したいです。はっきりした試合ができなかった自分も悪いですし、自分の力不足で申し訳ない気持ちでいっぱいです。

(左目が腫れているが?)ジャブをちょいちょいもらっていて、2Rの最初にジャブかワンツーを左目にもらって、それで目が腫れました。(再戦を希望している?)お互いタイミングが合う時でいいと思うんですけど、このまま終わりたくないです。ちゃんとお互いコンディションが整ったなかで再戦があればいいなと思います。自分は再戦を望んでいるので、もし実現したらちゃんと白黒はっきりつけたいです

(結果的には連勝記録が続いているが?)連勝できていますけど全部ギリギリの勝利なので、あまり前向きなことは言えないです(苦笑)。今まで勝ててこれているのはいい流れですが、連勝していることについては満足してないです。ここで終わりじゃないし、もっといい試合で勝たないといけないなと思っています。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)いつもKOすると言ってKOできなかったので課題が残る一方ですけど…KOが目標なので頑張ってそれをクリアしたいです。これからも応援よろしくお願いします」