2019.06.22

 6月22日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.102」の一夜明け会見が行われた。

 試合前の舌戦や前日会見での乱闘で危険な雰囲気が漂う中行われた瑠久と堀井翼の一戦だったが、両者共にクリーンかつ激しいファイトの末に地力に勝る瑠久が勝利。瑠久はKO出来なかったことを悔やみながらも、格闘家として一皮剥けたいと思った転機になる試合だったと振り返った。

瑠久
「まず一言言いたいのが、乱闘の件でお騒がせしてしまって、迷惑をかけちゃってすいませんでした。(話題性もあって試合内容やKO決着というのが求められた試合だと思うが?)とにかくあの乱闘もあって凄いお互いバチバチだったんですけど、特にみんなからのKOの期待に応えられなかったというのが、今は一番悔しくて。

 でも自分KO出来なくて昨日は凄い落ち込んでたんですけど、色んな人にSNSとかでめちゃめちゃたくさんメッセージいただいて。『KOは出来なかったけど凄い良い試合だったよ』とか、凄いめっちゃメッセージが着て、凄いそれが嬉しくて次に向けて進むためにすぐ準備しないとって思いました。次は絶対みんなにKO見せたいです。

 今回思ったのが、自分バイブスと勢いで行くタイプでそのままずっと上がってきたんですけど、自分も二十歳になって成人なんで、もっと格闘家としてレベルアップして次の試合に踏み込みたいなって思ってます。自分も本当に調子良かったんですけど、やっぱ試合でKOする難しさを痛感しました。

 やっぱKOする選手って、K-1のトップ選手、武尊選手とか毎回ああいうKOを見せるのって本当に凄いんだなって昨日改めて思いました。だからもっと自分の試合を見て、駄目なところをもっと追求してもっともっとレベルを上げたいなと思ってます。

(試合前に乱闘もあって精神状態はどうだった?)試合前はもうアドレナリンMAXで、前日は自分もあんな乱闘になるとは思ってなくて。正直相手に対しても凄いむかついて、相手も自分のネタを持ってきてたのに会見する前にあんなことになっちゃって会見出来なくて……

 見てる人からしたら全然面白くもないし本当に申し訳ないことをしたなって思ってます。逆にでも絶対KOしてやるって気持ちが大きくなって、みんなの期待に応えられなかったんで今は凄い悔しいです。

(そのムカつきをリング内に持ち込んで冷静になれなかった部分は?)熱くなりすぎずに冷静にというのは凄い意識はしてたんですよ。でも何かもっと爆発出来たなと今は思いますね。いつもみたいに爆発力が活かせれば倒せたなってのはあります。(堀井選手と対戦した印象は?)でも相手も本当気持ち強かったですね。けっこう効いてる部分もあったと思うんですけど、相手もやっぱああいう感じになってたんで多分負けられなかったんだと思います。

(具体的にどういった部分で格闘家として成長したい?)自分の好きな選手が卜部功也選手と卜部弘嵩選手なんですけど、小さいときからKrush見に行って、今でもパンフレットとか持ってるんですけど、凄い憧れてああいうファイターを目指したいなって、昨日の試合が終わって改めて思って。なんで自分の価値というか、自分の株を上げて、もっともっと格闘家として人気出るファイターになりたいなって思いました。

(ファンの皆さんへメッセージは?)昨日あんな試合しちゃったんですけど、もっともっと強い自分をみんなに見せれると思うんで。自分横浜出身横浜生まれなんで、絶対K-1横浜に出れるぐらい、次こそしっかり倒して勝ってみんなに認められるぐらいな選手になります」