2019.06.17

 6月21日(金)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.102」の[ダブルメインイベント第1試合(第7試合)/K-1 KRUSH FIGHTフェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で対戦する王者・江川優生と挑戦者・TETSU。この一戦をフェザー級のファイターたちが大予想!

村越優汰
「序盤は手数が多いTETSU選手がペースを取ると思いますが、徐々に江川選手が圧力をかけて、次第に江川選手のペースになって最終的に江川選手が3RくらいにボディブローでKO勝ちすると思います。どちらが勝つにせよ、僕とやるにはまだ早いとうところを6月30日のK-1両国大会で見せつけます」

卜部弘嵩
「江川選手が判定勝ちすると思います」

西京春馬
「パンチの江川選手と下がらないTETSU選手。接戦で江川選手が勝つと思います」

朝久裕貴
「両選手とは戦ったことがないですが、一撃(江川)vsコンビネーション(TETSU)の試合になると予想します。江川選手のパンチは強いので一発一発に気を付けなければいけませんが、月心会の選手はスタミナが凄いので2R終盤以降からはTETSU選手にチャンスが来ると思います。なので2RまでのKO決着になれば江川選手、3RまでもつれればTETSU選手が勝利すると予想します。勝負は決着がつくまで50:50だと考えているので自分を信じて全力で戦ってください!」

覇家斗
「TETSU選手は若くてテクニックがあり、手数が多い。対して江川選手はこちらもテクニックがあり、一発の破壊力がある。"一発の破壊力vs手数"の図式だと思います。そのなかで攻撃力の差、若さ故の経験の差が勝敗の分かれ目だと思います。それを踏まえて終盤に江川選手がおそらく左のパンチでダウンを奪取して判定勝利、打ち合いになったら江川選手のKO勝利だと思います。

 個人的に江川選手に勝利してほしいです。僕は江川選手に敗れていて、リベンジしないといけないと思っているからです。僕が挑戦者としてタイトルマッチという最高の舞台でリベンジを果たすと同時に、江川選手の巻くベルトを奪いたいですね。今の自分では説得力がないと思うし、お客さんも納得しないと思うので、心身共にしっかり仕上げて準備して挑戦者に相応しい状態を作り上げておきます。そして、そのカード実現の状況を作ります。話は戻って…江川vsTETSUはレベルの高い一戦になること間違いないと思います」

伊澤波人
「手数の多さでTETSU選手が判定勝ちすると思います」

佐野天馬
「TETSU選手に勝ってほしいと思う願望もありますが…江川選手が終始圧倒して判定勝ちすると予想します」