2019.06.17

 6月21日(金)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.102」の[ダブルメインイベント第2試合(第8試合)/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で対戦する王者ジョーダン・ピケオーと挑戦者・神保克哉。この一戦をスーパー・ウェルター級&ウェルター級のファイターたちが大予想!

久保優太
「神保選手も気持ちが強いファイターなので良い試合になると思います。ただピケオーと比較すると経験とフィジカルの差があるので、なかなか厳しいのではないかと個人的には思います。ピケオーは相手が効いてから一気に畳み掛けるのが上手いので、効いたところを見逃さず1RKOで決着が着くかな、と。

 神保選手が勝つためには3Rまで粘り、ピケオーの圧力に屈しないことですね。ピケオーのように圧力を掛けて押して勝つパターンの選手は、逆に下がらせられる展開になると弱いんですよね。これをやるのが難しいのですが……そこに神保選手が勝つチャンスがあると思います」

野杁正明
「神保選手は距離を取って蹴りから組み立てようとすると思いますが、ピケオーが1Rから圧力をかけて攻め続けると思います。2Rに入って神保選手も距離を詰めてパンチで勝負するようになると、ピケオーの連打と強打によって神保選手がダウン。一度は立ち上がると思いますが、ダメージが大きくて最後はピケオーがパンチでKO勝ちするのではと思っています。自分自身ピケオーに負けているし、やっぱりピケオーは自分が倒したいですね」

和島大海
「僕が試合した感じでは、神保選手は体が大きくパンチ主体で前に出てくる印象です。対してピケオー選手はジャブやミドル、近い距離ではヒザ蹴りやアッパー、ディフェンスも上手い印象があります。ピケオー選手は慎重に戦うイメージがあるので、初めは様子を見てくると思います。それで2Rくらいから徐々に圧力をかけて、3Rに倒しに来て、ピケオー選手がKOするんじゃないかと予想してます。

 神保選手は僕とやった時に左ストレートを被弾覚悟で、左を受けながら逆に右のショートで特攻してきたんです。あの時のように神保選手が『特攻』出来るかどうかがポイントになると思います。この特攻が成功してピケオー選手のリズムを崩すことが出来れば、神保選手にもチャンスは絶対来ます。あとは『大和魂』でなんとかチャンスをものにして欲しいですね。僕も当日は後輩の試合があるので、会場で二人の激戦を見届けたいと思っています!」

佐藤嘉洋
「来日する度に成長を見せ、激しさの中にも安定感を持ち合わせる現在のピケオー。ウェルター級で野杁正明が敗れた今、K-1のスーパーウェルター級で通用する選手は見当たらないように感じている。そのくらい私を含め、片っ端から日本人を撃破してしまった。特にピケオーのオーソドックスの構えから右足を前に出す、送り足からの左ストレートはとても有効で、私も全然見えずにダウンを喫した。また左ミドルからサウスポーにスイッチしての攻撃も脅威だ。ピケオーが2R辺りにKOすると予想する。

 ただし神保も数年前はまだ荒々しいだけのファイターだったが、ここ最近はディフェンステクニックも向上し、実力者・平塚洋二郎に何もさせずにKO勝利したことは自信になったのではないか。ピケオー戦は神保選手にとって初の強豪外国人との対戦。並みの日本人選手とは訳が違う圧力・攻撃力にどう対処するか。以前、ピケオーと対戦する和島大海にも同じアドバイスをしたが、最初から脅威的な攻撃力に対して決して怯まず、それを覚悟しておくことが必要だ。強くて当たり前、速くて当たり前。健闘を祈っています」

山崎陽一
「ピケオーが様子を見ながらプレッシャーをかけて、2Rで仕留めると思います。神保選手としてはピケオーに捕まらないように動きながら、色々な攻撃を出し続け、その中で自分の自信がある攻撃を当てることが出来れば勝ちに繋がると思います」