2019.05.31

 5月30日(木)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、6月21日(金)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.102」で対戦する森坂陸と髙橋直輝が、それぞれ試合への意気込みを語った。

 森坂は5月18日「K-1 KRUSH FIGHT.101」にも出場し、フェザー級転向初戦で倉崎昌史に判定勝ち。しかし「勝ったっていう実感もあまりなく、自分に負けた試合だと思う」と振り返り、連続参戦となる今回は「今度こそKOする」と、倒して勝つことを誓う。

 一方の髙橋は今回がKRUSH初参戦。関西でタイトル獲得歴があり、これまで16戦11勝(2KO)4敗1分という戦績を残している実力者だ。今回の試合について「森坂選手は蹴りがすごく上手い。自分はパンチが得意なので、倒すか倒されるかという試合をしていきたい」と気合いを入れる。また、髙橋は現在「KRUSH」の女子アトム級で2戦行っているMOEの兄であり、兄妹揃っての活躍にも期待がかかる。

 今大会ではK-1 KRUSH FIGHTフェザー級タイトルマッチ(王者・江川優生vs挑戦者・TETSU)も行なわれるが、森坂と高橋としては勝利してタイトル挑戦に一歩進みたいところだ。

髙橋直輝
「森坂選手は蹴りがすごくうまいと思います。なので、自分も蹴りをうまくさばきつつ、勝ちたいなと思います。(自信のある武器は?)自分はフックやパンチ類が得意です。今回はKRUSHなので、倒すか倒されるかという試合をしたいと思っています。(もともとどんな格闘技をやっていた?)ジュニアキックを5~6年くらいやってました。ジュニア時代の戦績は…負けのほうが多かったです(苦笑)。

(KRUSHでどうのし上がって行きたい?)今回の試合に勝って、そこから一回も負けずに、という意気込みでやっていきたいと思います。王座までのし上がれるようがんばります。(ファンのみなさんへのメッセージは?)しっかりがんばるので、応援よろしくお願いします」

森坂陸
「まずKRUSHに連続出場ということでうれしく思っています。前回の試合は自分の中でKOしたかったので、勝ったという実感もあまりなく、悔しい思いをし、自分に負けた試合だなと思いました。そんな中、こんなにすぐに試合を組んでいただいて感謝しています。今度こそKOできるように練習してきますので、注目よろしくお願いします。

(前戦が終わった段階ですぐ次の試合をしたいと伝えた?)伝えたというわけではないんですが、自分の中ではすぐいつでもやりたいと思っていて、そんな中で試合が終わって3~4日してからオファーをいただいて『やらせてください』と即決しました。(対戦相手の印象は?)データがあまりなくて、試合をよく見てないのですが、ベルトを一つ獲ってますし、戦績を見ても強い選手だと思います。あとはカッコイイですよね、イケメンで。顔ではどう考えても負けてるんで、絶対に倒して勝たないと自分の評価が上がらないと思います(笑)。

 相手はKRUSH初参戦ということで、僕もコッチに来てから結構挫折を味わっているので『簡単には通さねえぞ』っていう気持ちで戦います。強い相手だと思いますが、勝ちたいと思います。(ファンのみなさんへのメッセージは?)KRUSH連続出場ということで、自分の中で勝つのは当たり前として、必ず今回は倒して勝ちたいと思います」