2019.05.31

 5月30日(木)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、7月21日(日)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.103」の対戦カードが発表された。

 3月のKrush後楽園大会で川﨑真一朗にプロキャリア初のKO負けを喫した瓦田脩二。日本vs中国全面対抗戦の一員として再起戦が決まり、昨年の対抗戦で佐々木大蔵に敗れKRUSHのリングでの雪辱に燃えるワン・ジーウェイと対戦する。

 瓦田とジーウェイはともに好戦的なファイトスタイルで、そこが評価されて対抗戦の先鋒戦に抜擢された。瓦田は「期待してもらって先鋒戦に出してもらえることはうれしい。自分の持っている力を出せれば自ずとKOになる」と自信をみなぎらせた。

瓦田脩二
「今回このような最高の舞台で、最高の相手を用意してもらってとても感謝してます。その期待以上に、自分は今結果を出せる自信がめちゃくちゃあるんで、ぜひ期待して自分の試合に注目してもらえたらなと思います。(対抗戦の先鋒に選ばれた意気込みは?)こうやって期待してもらって先鋒戦に出してもらえることはとても嬉しいですし、先ほども言いましたけど、自分はKOする自信があります。前回負けてしまって、めちゃくちゃ練習して良い感じでここまで来れてるんで、さらにこの2カ月で上げていって、最高の状態でリングに上がって良い試合を出来たらなと思ってます。

(対戦相手の印象は?)あえて試合の映像は見てないです。(先鋒戦に選ばれた期待にどう応えたい?)もちろんKOは狙ってるんですけど、自分の今持ってる力を全部出すことができれば、自ずとKOできると思っています。KOを狙うというよりも、自分の力を出し切ることに集中して無心で暴れてやろうかなって思ってます。

(ファンに向けてメッセージは?)前回自分が負けてしまいまして、力を周りに与えるどころか色んな人から元気をもらいました。だから今回はその恩返しができるようにしたいというのと、今ちょっとK-1ジム総本部が全体的に負けが続いてて、代表の(梶原)龍児さんもちょっと落ち込んでいます。ここは俺に任してくださいっていう気持ちでリングに上がって、安心してセコンドについてもらいたいなって思ってます」

ワン・ジーウェイ
「日本のファンの皆さんこんにちは、ワン・ジーウェイです。昨年の対抗戦では中国のファンを失望させてしまったので、今年はその借りをKRUSHのリングできっちり返したいと思います!私も瓦田選手も気持ちの強いファイターだと思いますので、トップバッターとしてしっかりと会場を沸かせます!KO決着に期待してください」