2019.05.31

 5月30日(木)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、7月21日(日)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.103」の対戦カードが発表された。

 3月の「Krush.99」で神保克哉に敗れこれが再起戦となる藤村大輔。今回の日中対抗戦では武林風チームのリーダー的存在で、スーパー・ウェルター級の世界の強豪と拳を交えてきたドン・ウェンフェイと対戦する。藤村・ウェンフェイともにハードパンチャーということで激しい打ち合いが期待される一戦だ。

藤村大輔
「自分は前回の試合で判定負けして、2年前の中国遠征でのKrushと武林風の対抗戦でも中国の選手に負けています。今回負けてしまうと二重の意味で連敗が続いてしまうので、今回は必ず勝ちたいと思います。相手の選手は少し動画を見せてもらったんですけど、めちゃくちゃ世界のトップ選手とやっていて、そんな強い選手を自分に当てられたことがどういう意味なのか。そこをしっかり理解した上で試合に臨んでいきたいと思います。

(2年前の中国遠征の感想は?)前回戦った相手の選手が、ふざけている感じの選手だったのですが、いざ戦うと凄い回し蹴りを出してきたり、バランスの良いファイトスタイルだったりしたんで、中国は“謎”なイメージですね(笑)。今まで中国の選手を舐めていたところがあったんですけど、最近では技術も上がってると思いますし、かなりレベルが高いと思います。

(中堅戦という重要なポジションで試合することについては?)言われてみるとかなり重要なポジションですね(笑)。負けないこともそうですし、中堅としてのプライドと意地を見せて、それを勝ちにつなげたいと思います。もしそこまでで日本のチームが負けていても必ず空気を変えるような試合をやっていきたいと思います。

(ファイトスタイル的に噛み合う試合になる?)ドン選手はパンチの技術があって手数も多いですし、めちゃくちゃパワフルでパンチで前に出てくるファイトスタイルです。武林風のハードパンチャーという印象を受けました。自分はKRUSHのハードパンチャーとして必ず勝ちたいと思っています。確実に打ち合いになりますね。(ファンの皆さんにメッセージは?)KRUSHと武林風のハードパンチャーがKRUSHのリングで激突するところをファンの皆様に見ていただけたらと思います」

ドン・ウェンフェイ
「日本の皆さん、KRUSHファンの皆さん始めまして。私が今回の武林風チームのリーダー、ドン・ウェンフェイです。対戦相手の藤村選手は3年前に武林風に出場経験があり、折れない心と強いパンチを持った選手であることを知っています。しかし私も武林風の代表として、他の選手の誰よりも、熱い試合をすることをお約束します。得意とするパンチとキックのコンビネーションをぜひ見てください!」