2019.05.30

 5月30日(木)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、7月21日(日)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.103」の対戦カードが発表された。

 4月のKRUSH後楽園大会で約5年2カ月振りのKO勝利を飾った伊藤健人。今年の日本vs中国・7対7全面対抗戦では副将に抜擢され、2年連続の対抗戦出場となるジャオ・チョンチャンと対戦する。

 チョンヤンは昨年の対抗戦でレオナ・ペタスと激闘を展開。最後はレオナの強打に沈んだものの、中国では世界各国の強豪たちから次々と勝利を収めている、まぎれもない世界トップレベルの強豪だ。

 対する伊藤も過去に中国で行われた日中対抗戦で勝利した実績があり「対抗戦に選ばれたからには武林風よりもKRUSHの方が強いことを証明するために必ず勝つ」と力強く宣言した。

伊藤健人
「日中対抗戦のお話をいただいて、即決で出させてくださいと伝えました。一度、中国で武林風との対抗戦に出たことがあり、そこで試合させて良い経験になりました。今回もこういう機会があればぜひ出させてもらいたいと思っていたので、本当に嬉しく思ってます。選ばれたからには武林風よりもKRUSHの方が強いことを証明するために必ず勝ちたいと思います。

(副将戦に抜擢されたこと、チョンヤンとと対戦できることをどう思っている?)対戦相手は本当に強い世界レベルの強豪ですが、僕はK-1・KRUSHが世界のトップに位置していると思っているので、この強豪を倒してK-1・KRUSHでトップ選手とやっていきたいと思っています。そのためにも今回の試合は落とせないです。

(チョンヤンのファイターとしての印象は?)前にガンガン出てくるタイプという印象です。(前回のKO勝ちで一皮剥けた?)倒して勝てたという結果については、自分が変わっていくきっかけになると思っています。こうして次の試合で強豪選手を用意していただいて、本当に自分が変われたのかどうかを証明できる試合になると思います。なので必ず勝ちます。もちろん連続KOを狙います。

(ファンの皆さんへメッセージは?)今回は日中対抗戦で、ただの試合じゃないのでKRUSHの方が強いことを証明するために必ず勝ちます。応援よろしくお願いします」

ジャオ・チョンヤン
「KRUSHのファンの皆さんこんにちは、ジャオ・チョンヤンです。昨年の試合ではギリギリのところで勝利を逃し悔しい思いをしました。日本では私がスタミナオバケと言われることが多いですが、最も得意とするのはパンチのコンビネーションと殺傷能力のあるヒザ蹴りです。

 今はただ7月21日の試合のことだけを考えて毎日トレーニングしています。武林風の名誉のためにも、伊藤選手をKOで倒して自分の本当の強さを皆さんにお見せしたいと思います。最後に、戦友・朝久裕貴選手のケガが一日でも早く回復するよう願っています」