2019.05.30

 5月30日(木)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、7月21日(日)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.103」の対戦カードが発表された。

 3月の「K'FESTA.2」で林健太に延長判定で敗れ、王座を失った元K-1ライト級王者の卜部功也。試合後には進退に関する発言も残していたが、日本vs中国・7対7全面対抗戦の大将として、かつて兄・弘嵩に勝利しているジェン・ジュンフェンとの対戦が決定した。

 大将戦に指名された功也は「何度かオファーをいただいて、出場することについて凄く悩んだのですが、中国との対抗戦で2年連続で兄が戦ってますし、その日中対抗戦で兄が負けている選手が相手ということで戦う理由ができました」と再起を決意した理由を明かす。

 また「これからファイターとして何を目指すか?」という質問には「まだそれを探していて、答えは出ていない。戦う理由がなければやらないし、今回の試合次第です」と答え「もしかしたら次が僕にとって最後の試合になるかもしれない」とこの一戦にかける覚悟を口にした。

卜部功也
「何度かオファーをいただいて、出場することについて凄く悩んだのですが、中国との対抗戦で2年連続で兄が戦ってますし、その日中対抗戦で兄が負けている選手が相手ということで意味がある試合だと思いました。僕は理由がないと試合に乗り気にならなかったりするのですが、今回は兄が負けてる選手で、兄は2年連続で対抗戦に出て、3年目は兄が出られなかったので、ここは卜部家の弟が出ようと。今回はう理由がある試合なのでオファーを受けました。

(対戦相手の印象は?)本当に身体が頑丈というかデカい・パワーもあるイメージです。兄と試合した時は60kgぐらいに合わせていて、ベストの体重ではなかったと思うんですよね。今回は兄と試合した時よりもさらに良い動きをするんじゃないかなって思います。(ジュンフェンはMMAルールでも活躍しているが?)一発入ったら効きますし、やられる感覚はあるので、緊張感を持った試合ができるかなと思います。

(前回の試合から今回までどんなことを考えていた?)本当に辞めようと思ってましたね。ある程度格闘技をやってきて、どこでゴールしようか。自分の中で出口が見えない感じがしちゃって、戦う理由を探していましたね。そのなかで『今回は卜部功也にメインを頼む』と言われて、必要とされているなら試合をしてもいいなと思ったり、あとは前回負けているので、応援してもらっている人たちの笑顔が見たいと思ったり…。僕がベストの、本当に最高の動きをして勝てば、みんなが喜んでくれると思うんで、今はそれをモチベーションにやってますね。

(練習そのものは続けていた?)年末に怪我してからフィジカルトレーニングが全く出来てなかったので、もう1回身体作ろうと思って、試合が終わってからすぐに身体を作っていました。それで段々とミット打ちも再開して、手応えは凄く感じていますそういう意味では動きが戻ってきた感じはしますね。

 あとは今少し兄のトレーナーもやっていて、トレーナーとしての立場で物事を見れたこともプラスになっている気がします。コンビネーションやどうやったら兄が強くなるんだろう?と色々考えていて、それを自分でも活かせると感じています。だから次の試合ではレベルアップしている姿を見せたいです。

(まだスイッチが入ってないように見えるが?)でもスパーリングでやられると悔しいですよ。練習していてもKRESTはみんなハードに競い合ってるんで、ちょっと練習をしないでスパーリングやるとやられちゃうんです。それがめちゃめちゃ悔しいし、そうやって段々とスイッチが入ってきますよね。これからスパーリングをどんどんやっていけば、戦いの場に戻るしかないって感じになると思うので、それでスイッチが入ると思います。

(ここからファイターとして何を目指して行く?)まだそれを探していて、答えは出てないです。でも試合をしてみれば何か出てくるんじゃないかなって意味で、自分の中では今回の試合に期待しているところがあります。(今後は戦う理由を見つける旅が始まる?)そうですね。戦う理由がなければやらないですし、だから今回の試合次第です。もしかしたら次が僕にとって最後の試合になるかもしれないんで、ファンのみなさんは絶対見に来た方が良いですよ。(ファンの皆さんへメッセージは?)やるからに本当に100%の動きをするんで、ぜひ会場にお越しください」

ジェン・ジュンフェン
「始めに世界のトップファイター・卜部功也選手と対戦できることを大変光栄に思います。2017年の対抗戦では卜部弘嵩選手に勝利していますので、功也選手はもちろん兄の敵討ちということで気合十分だと思います。しかし、私もこの一戦をチャンスと捉え全力をかけて挑みます。メインイベントに相応しいKO決着になると思いますので、皆さんどうぞご期待ください」