2019.05.20

 5月19日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、「K-1 KRUSH FIGHT.101」の一夜明け会見が行われた。

 スーパー・バンタム級からフェザー級に階級を上げての初戦となった森坂陸は倉崎昌史に判定勝ち。試合内容に関しては反省しきりだったものの、パワーアップを課題に挙げ、新階級での今後の活躍に力を込めた。

森坂陸
「昨日は応援ありがとうございました。一応判定2-0という形で勝ったっちゃ勝てたんですけど、自分の中では自分に負けた試合ということであんまり勝った気はしてないです。ほんとに昨日の試合は階級を上げて一発目で自分の中では絶対倒さなきゃいけないって決めていたので、倒せなくて力不足だなっていう反省です。

(自分に負けたのは)簡単に言えばKOできなかったっていうところなんですけど、気持ちの面で相手の倉崎選手に負けていて、効いてる攻撃を何度も当てていたと思うんですけど。それでも倒せなかった自分のパワー不足っていうところで、練習してきたことをあんまり出せなかったっていう面で、自分に負けたっていう感じですね。

 フェザーに上げて全然調子はすごいよくて、今まで55kgの時はもう最後減量苦で体調悪い状態だったので今回上げたんですけど、今回は2.5㎏も上がったしラクかなと思っていたんですけど、減量はやっぱりラクではなくて、でもちょうどいい絞れ方ですね。

 リカバリーも今回はすごく上手くいって、コンディション面ではほんと過去最高っていうぐらい、よかったです。試合中の動きも体の動きはよかったんですけど、ちょっと試合内容が自分の中ではダメだなっていうところです。けど、とりあえずフェザー級に上げて正解だったなっていうのは思ってます。なので今後はフェザー級でもっとパワーをつけてやっていけたらなと思ってます。

(今後の課題は)本当に倒す技を磨いていくこと、パワーをつけるというのが一番の課題です。目標としてはトップに入りたいので、フェザー級の中でトップ戦線に入れるように一戦一戦大事にして、一回一回倒して勝つっていうのを目標にしてやっていきたいと思います。ほんと倒せる選手になることを目標に、そこを課題にこれからやっていきたいと思います。

 昨日は改めまして応援ありがとうございました。今後もフェザー級でやっていくので、もうちょっとしっかりパワーをつけて、倒せるような選手になってみせますので、これからも注目とご声援をよろしくお願い致します。どうもありがとうございました」