2019.05.20

 5月19日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、「K-1 KRUSH FIGHT.101」の一夜明け会見が行われた。
 初代K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級王座決定トーナメント準決勝に臨んだK-Jeeは杉本仁と3年ぶりに対戦。前回の判定勝ちから今度はKOで返り討ちにし、見事な勝ちっぷりで決勝進出を決めた。一夜明け会見ではKOにつながったパンチ力の源となった意外な秘話を明かした。

K-Jee
「どうでした? 結構3年前にやった感覚があって、スピードは変わらないんですけどパワーが結構強くて、そこはちょっとビックリしましたね。体重も上がっているので、そういうところだったなと思います。

(KOした)パンチよかったですよね? 実は昔バイトで3年ぐらい餅つきをやっていたんです。ボイラーと臼を持っていって、現場で蒸してそのまま餅をついて丸めて販売するバイトだったんですけど、1日中、餅をついていたらめちゃくちゃパンチ力がついて。

 そこの社長がめちゃくちゃ格闘技が好きで今も応援してくれているんですけど『5月18日も頑張れ』と言って、このサングラスをプレゼントしてくれました(笑)。その餅つきのおかげですね。それがやっと今来たなっていう感じです。(ではあれは餅つきで培ったパンチ?)間違いないです。

(今回の試合は)相手の得意な間というかパターンがあるんですよね。得意な攻撃を出すパターンっていうのがあって、相手はハッキリ言ってそのパターンでしか倒せてないんです。それだけ注意していたらいいと思ったんで、プレッシャーだけ掛けて。

 そうしたらあっちは僕がローを蹴るのは分かっていたと思うので、それに右を合わせる感じがあって。セコンドも『ローにパンチを狙ってるから』って、実際もらってちょっと効きました。で、ちょっと動いてローを蹴ってみようかなと思って、2Rの最初はちょっと動こうと思ったんですけど、僕が動いたら普通に相手は逃げていって。なかなか追い詰められなかったので、軽く攻撃を散らして、そうしたらコーナーの方に上手く追い込めました。

 たぶん右の三日月が効いたんです。それで行けるなと思って、行ったところで打ち合ってくれたので、打ち合いだったら勝てる自信があったので、そこで自信を持って打ち合いに行って右のパンチが当たったっていう感じです。

(決勝で対戦するRUIの試合を見て)めちゃくちゃヒザが入ってましたよね。試合を見返して、(植村が耐えられたのは)やっぱりあれはハンマートレーニングのおかげかなと。俺もハンマートレーニングしたいなと思います(笑)。

 クルーザー級は俺が盛り上げようと思っていたんですけど、RUI選手も一緒に盛り上げてくれるみたいなので、2人でK-1・KRUSHを九州に持っていけるぐらい盛り上げていきたいと思いますので、みなさんよろしくお願いします」