2019.05.10


 5月18日(土)後楽園ホールで開催する「K-1 KRUSH FIGHT.101」で、解説を務める石川直生氏が各試合の見どころを語ります!

「選手たちにとってはG.W.の10連休よりも、当たり前のように5.18のリングでの勝利の方が魅力的だった。
世間がお休みの時期に、試合前の追い込みのピークだった22人の選手たちがリングで創る作品には、平成も令和も関係ありません。
今回も選手たちの価値を、視聴者の皆さんに確実に伝えさせていただきます。」

見どころ
◇倉崎昌史vs森坂陸
「「勝つこと」で持ち前のセンスが開花し、「勝ち方」を掴んできたように見える森坂。
森坂のスピードに惑わされない落ち着きを持つ倉崎が、森坂の脚を止めて試合をつくれるかどうかがポイントになります」

◇明戸仁志vs林将多
「林は弟たちの躍進をどう捉えていたのか?約5年半ぶりのKRUSHリングで待ち構えるのは、その間に実績も責任も積み重ねてきたソルジャー明戸。相手を倒すことでしか自分の覚悟を証明出来ない、熱い一戦です」

◇朝久泰央vs山本直樹
「個人的にとても楽しみにしている一戦。
相手の対策よりも自己練磨を優先に置く朝久。ファイターとして強くなるための優先順位を、決して間違えずに生活している背景の見える直樹。
どちらかが負けてしまうのを見たくない、だけど、ワクワクしてしまう注目の試合です」

◇クルーザー級トーナメント・準決勝
「4選手とも、強さとともに個性を示して1回戦を勝ち上がってきました。
戦いに圧倒的に有利な体型から攻撃を繰り出すRUIと、身体そのものが武器の植村。
重量級の迫力と共に、高い技術を誇るK-Jeeと杉本。
勝利と同時にタイトルマッチが決まる。
タイトルマッチに進む2人を、予想するよりもただワクワクしてリングを見ていたいです」

◇郷州征宜vs友尊
「前回の試合が、K-1グループでの初勝利とは思えないほどの存在感を発揮している友尊。
前進をし続けてくる郷州のプレッシャーと、軽やかなフットワークで試合を作る友尊。
良い試合になる相性が、ピタリとハマります」

◇C-ZUCAvs高梨knuckle美穂
「長いリーチを生かした蹴りを中心に試合をつくるC-ZUCAと、インファイトで拳の固いパンチを生かす高梨。
満場のお客様に、「女子の試合」という理屈を超えた輝きを魅せてくれる。それがタイトルマッチなんです」

◇木村“フィリップ”ミノルvs近藤魁成
「これまでのKrushでもマッチメイクされてきた“絶対王者vs無限の可能性を持つルーキー”。
今の木村なら、ルーキーの無限の可能性を鼻で笑ってしまいそう…だけど、やっぱり何が起こるかわからないのがKRUSH。
ゴングが鳴る瞬間を想像しただけで、今からドキドキします」