2019.04.24

 4月24日(水)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、6月21日(金)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.102」の第1弾対戦カード発表会見が行われた。

 2階級のタイトルマッチが実施される今大会で、最初に明らかになったのはスーパー・ウェルター級タイトルマッチの王者ジョーダン・ピケオーvs挑戦者・神保克哉の一戦だ。

 今年に入って新調したという紫の特攻服で登場した神保。これまでKRUSH王座を4度防衛し、VS日本人無敗を誇るピケオーに対しても恐れを見せず「なんやかんや俺も修羅場もくぐってきてるので、今回もなんやかんや勝てると思う」「倒し切る自信しかない」と強気を崩さなかった。

ジョーダン・ピケオー(会見にてコメント発表)
「また日本のリング、日本のファンのみんなの前で試合ができること、そして5度目の防衛戦ができることを嬉しく思う。対戦相手の映像を見たが、好戦的なファイトスタイルでかなりエキサイティングな試合になりそうだ。間違いなくKO決着、3R通してバチバチの試合になるだろう。みんな是非会場に試合を観に来てくれ。絶対に期待を裏切らない試合になることを約束する」

神保克哉
「どうも日本の最終兵器です。日本人負けなしのピケオーに、自分は本物の大和魂を見せつけたいと思います。(ピケオーは)強い印象はあるんですけど、自分も今までなんやかんや修羅場もくぐってきてるので、今回もなんやかんや勝てるんじゃないかって思ってます。

(このタイミングでの対戦は)プラン通りですね、自分の頭の中の。ちょうどいいっす。(以前、『ピケオーと戦うことになったら頭を使って戦う』と話していたが)先日はそう言っていたんですけど、一か八かの特攻もありかなって思っています。

 ピケオーはそんなに顎は強くないと思うので、そこに1発打ち込めばいい感じになると思います。ピケオーに負けない体作りをして特攻します。倒す・倒し切る自信しかないので楽しみにしていてください。ピケオーをオランダまでぶっ飛ばします。

 6月21日はピケオーにしっかり勝ってスーパー・ウェルター級の頭を獲るんでよろしくお願いします」

 ピケオーが5度目の防衛を果たしてVS日本人無敗記録を更新するか? あるいは神保がその記録にピリオドを打つのか?