2019.04.20

 4月20日(土)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「K-1 KRUSH FIGHT.100」(KRUSH)の一夜明け会見が行われた。

“キッカー対決”と注目された牧平圭太と松岡力のセミファイナルは、予想に反して松岡がパンチで牧平を攻め込み、総合力の高さで牧平から勝利を収めた。現在、K-1・KRUSHは共に同門の久保優太と木村“フィリップ”ミノルがベルトを巻いている状況。松岡は「ミノルくんには次の防衛戦でサクッと勝ってもらって、ベルトを返上してもらいます(笑)」と木村にベルト返上を迫る勢いでタイトル挑戦をアピールした。

松岡力
「昨日は応援ありがとうございました。試合はほとんど内容を覚えてなくて、昨日の夜、飲んだお酒と寝不足で今は絶不調です。(牧平の印象は?)けっこうパンチを当てた感触はあったんですけど、そこは元チャンピオンとしての強い意地が倒させてくれなかったと思います。動画で試合を何回も見たんですけど、けっこう倒れてもいいなって思う場面は一杯あったんですけど、倒せなかった僕の力量と牧平選手の男気と気合いを感じました。

(作戦としてパンチで攻めることも考えていた?)全く作戦は考えてなくて、いつも通りにアップをしていたら『足が動かんな』ってことになって…。それで昨日は蹴れなかったのでパンチで行きました。(元チャンピオンを圧倒できたことは自信になった?)ベストコンディションに持っていけなかった僕が悪いんですけど、足が動かない中でもパンチで元チャンピオンを倒せたことは自信につながりました。

(K-1・KRUSH共に同門の選手がチャンピオンだが、今後の目標はどうする?)とりあえず僕はベルト欲しいんで、(久保)優太さんにも(木村“フィリップ”)ミノルくんにもベルトを返してもらって、僕に代わってくれってもうチーム内でも言ってます(笑)。(ちなみに木村の反応は?)まあ次にサクっと防衛戦で勝ってもらって、ベルトを返してもらいます(笑)。

(今後の目標はタイトルに挑戦すること?)そうですね。もう今はベルトが欲しくて、元々僕の地元で後輩やった(玖村)将史にも先に獲られて、もう今は“将史さん”って状態なんで(笑)。僕が現役でやっているうちに早くベルトを獲りたいと思ってるんで、早く獲らせてください!

(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。これからもこんな感じでどんどん勝ち進んでベルトを獲りたいと思うんで、これからも応援よろしくお願いします」