2019.04.18

 4月18日(木)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、4月19日(金)後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.100」の前日計量・会見が行われた。

「Krush」から「K-1 KRUSH FIGHT」に名称が変更されて初めてとなる今大会。メインイベントでは王者・晃貴と挑戦者・隼也ウィラサクレックによるK-1 KRUSH FIGHTバンタム級タイトルマッチが行われる。

 この試合の勝者には6月30日のK-1両国大会にて開催される「K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント」への出場権が与えられことも発表され、より注目が集まる形での試合となる。

 両選手共にリミットジャストの53.0㎏で計量をクリアし、調印式・会見に出席。今回が初防衛戦ながら、過去に隼也に敗れている晃貴は防衛・K-1出場よりもリベンジに闘志を燃やす。一方、2戦連続のタイトルマッチ挑戦となった隼也も、K-1出場よりもまずはこの試合が大事だと語り「圧倒的に勝って絶対チャンピオンになる」と宣言した。

隼也ウィラサクレック
「計量もパスして調子もめちゃめちゃ良い。あとは明日やるだけなんで期待していてください。(対戦相手の印象は?)体も見ても良い感じなんで、良い試合が出来そうだなって思います。(『K-1 KRUSH FIGHT』としての最初の大会でメインを任されたことに関しては?)やっぱり一発目なんで良い仕事をしないといけないと思ってるんで、今まで以上に倒す気で行きます。(勝利のポイントは何なだと思う?)全てで自分が勝ってると思ってます。別に負けてるところは何もないんで、普通にやれば普通にチャンピオンになると思います。

(K-1のトーナメントへの出場権が与えられることについては?)聞いた時は嬉しかったですけど、今は別に明日のことしか考えてないんで。終わってから考えようかなって思ってます。(公式サイトの勝敗予想ではほとんどが晃貴の勝利を予想していたが?)いやぁ、みんな見る目ないっすね(苦笑)。逆に燃えるんで、まあ見とけよって感じです。

(ファンに向けてメッセージは?)明日はK-1 KRUSH FIGHT一発目で、メインイベントでチャレンジャーとしてやるんですけど、圧倒的に勝って絶対チャンピオンになるんで応援よろしくお願いします」

晃貴
「計量が終わってほっとしています。頑張ります。(対戦相手の印象は?)隼也選手も調子が良さそうなんで、良い試合が出来るんじゃないかなって思ってます。(『K-1 KRUSH FIGHT』としての最初の大会でメインを任されたことに関しては?)あんまり考えてないですね。リベンジのことだけ考えてます。(勝利のポイントは何なると思っている?)気持ちで勝ちます。

(K-1のトーナメントへの出場権が与えられることに対しては自分にどういう影響を与えている?)自分も今は考えてないです。その後のことは明日リベンジしてって感じですね。(前回、隼也に負けてからはどんな練習をしてきた?)前回はテクニックで負けたと思ってるんで、テクニックも磨いてきました。(公式サイトの勝敗予想ではほとんどが晃貴の勝利を予想していたが?)普通に嬉しいです(笑)。(ファンに向けてメッセージは?)明日は自分が絶対勝つんで、自分が勝つところを見に来てください」

 王者・晃貴がリベンジと共にベルトを守るのか? それとも挑戦者・隼也がチャンピオンを返り討ちにするのか? KRUSHのベルトと共に6・30K-1両国大会への切符を勝ち獲るのはどちらだ?